[#082]ヴァシュロン・コンスタンタンのヘリテージピースの展示販売と世界巡回展の“ニックネーム”エキシビションが同時開催

文/香山知子/『世界の腕時計』編集長

コルヌ・ドゥ・ヴァッシュ(牛の角)
「コルヌ・ドゥ・ヴァッシュ(牛の角)」。牛の角を思わせるラグが特徴の1955年製腕時計。18KYGケースに手巻きクロノグラフのCal.492を搭載する。ヴァシュロン・コンスタンタンでは初めて防水性と耐磁性を備えたクロノグラフのひとつ。非売品。
チョコレート
「チョコレート」。板チョコを思わせるケースのフォルムが特徴の1952年製コンプリート・カレンダー腕時計。18KYGケースに日付、曜日、月表示とムーンフェイズを備えた自動巻きのCal.12″ 1/2 495を搭載する。オークション・カタログでこのニックネームが使われた。非売品。


ヴァシュロン・コンスタンタンは2016年から本社が所有する歴史的な時計の販売を兼ねた展示会を開催しているが、今年も同ブランドの銀座ブティック2階で10月27日(土)から約1カ月の間、行われる。今回は1920年代から1960年代に製作された懐中時計と腕時計が20点以上、展示される。
また今年は同時に「ニックネーム」と呼ばれるヘリテージ・ピースのエキシビションも行われる。時計のケース・デザインや装飾に着想を得たニックネームをもつことから名付けられたもので、1917年から1971年に作られた19点の時計がそのニックネームに因んだスケッチ画像と共に飾られる。
この19点は販売はされないが、時計の個性を巧みに言い表したニックネームが興味深い。

概要は以下のとおり。
開催期間:2018年10月27日(土)~11月30日(金)
開催場所:ヴァシュロン・コンスタンタン銀座ブティック2階
東京都中央区銀座7-8-8
03-3569-1755
営業時間:12:00~20:00
この件についてのお問い合わせはヴァシュロン・コンスタンタン 0120-63-1755

1947年製コンプリート・カレンダー腕時計
「1947年製コンプリート・カレンダー腕時計」。直径35㎜の18KPGケースに曜日・月表示とポインターデイトを備えた手巻きのCal.12″ 1/2 495/Aを搭載する。ケース・サイドにはトリプル・ゴドロン装飾を施し、またティアドロップ・ラグを備える。価格400万6800円。鑑定書と専用ボックスを付属する。

1962年製レディース腕時計
「1962年製レディース腕時計」。18KPGケースに薄型の手巻き、Cal.9″ 1003を搭載。ベゼルにはクル・ド・パリ模様のギョーシェが施され、サンレイ・サテン仕上げのシルバー文字盤が組み合わされる。価格146万8800円。鑑定書と専用ボックスを付属する。

1964年製自動巻き腕時計
「1964年製自動巻き腕時計」。直径36㎜の18KWGケースにジュネーブ・シールを取得したCal.12″ K1072を搭載。サンレイ・サテン仕上げのシルバー文字盤の3時位置に日付表示をおく。価格217万800円。鑑定書と専用ボックスを付属する。