[#079]G-SHOCKの誕生35周年を記念した“グレイシア ゴールド”

文/香山知子/『世界の腕時計』編集長

「DW‐5035E」「DW-5735E」
左/「DW‐5035E」。ストップウォッチ、タイマー、アラーム、フルオートカレンダーなどの機能を備える。ケース・サイズは縦48.9㎜×横42.8㎜×厚さ13.5㎜。価格2万4300円。右/「DW-5735E」。ストップウォッチ、アラーム、フルオートカレンダーなどの機能を備える。ケース・サイズは縦48.9㎜×横45.4㎜×厚さ14.2㎜。価格2万4300円。
「GA-735E」「GA-835E」
右/「GA-735E」。ワールドタイム、ストップウォッチ、タイマー、アラーム、フルオートカレンダーなどの機能を備える。縦57.5㎜×横53.4㎜×厚さ18.4㎜。価格2万4300円。右/「GA-835E」。ストップウォッチ、タイマー、アラーム、デュアルタイム、フルオートカレンダーなどの機能を備える。縦54.1㎜×横48.6㎜×厚さ15.5㎜。価格2万4300円。


1983年に耐衝撃構造をもつ時計としてデビューしたG-SHOCKは今年で誕生35周年を迎えた。これを記念して4つのモデルから成る“グレイシア ゴールド”が9月14日に発売となる。

「極寒の地で存在感を発揮する氷河」をイメージした、透明な樹脂のベゼルとブレスレットが特徴。透明なG-SHOCKは1996年に発売した第5回国際イルカ・クジラ会議記念モデルの“DW-6900K”で注目を集め、35 年の歴史のなかでもエポック・メイキングなものとなっている。
グレイシア ゴールドでは文字盤と美錠、ボタン、ビス、裏蓋にゴールド・カラーを用いて、煌めきが加わえられた。

4つのモデルのベースは、G-SHOCKの原点でもあるスクエア・ケースでデジタル表示の“DW-5000”、これと同じ機能をもち、35周年を機に復刻したラウンド・ケースの“DW-5700”、そしてアナログとデジタル表示で大型サイズの“GA-710”とミッド・サイズの“GA-810”。これから写真にある4点が誕生した。

すべて20気圧防水性能をもち、ケースバックには35周年記念の刻印が施された。またスペシャル・パッケージに納められる。

商品についてのお問い合わせはカシオ計算機 お客様相談室 03-5334-4869

グレイシア ゴールド
“グレイシア ゴールド”のケースバックの刻印。

パッケージ
G-SHOCK誕生35周年を記念したパッケージ。