[#078]ノモス グラスヒュッテが“スポーティー スタイル フェア”を開催中

文/香山知子/『世界の腕時計』編集長


ノモス グラスヒュッテのコレクションに加わったスポーツ・タイプのシリーズ。写真の左上と右下は2017年の夏に発売された、20気圧防水を保証してウォータースポーツに適した“アクア”シリーズ。写真の右上と左下はバーゼルワールド2018で発表された10気圧防水の“アウトバーン”コレクション。モータースポーツやサイクリングをイメージしてデザインされた。


 ノモス グラスヒュッテは10気圧あるいは20気圧防水を保証する“スポーティー スタイル ウォッチ”を購入すると、交換用ストラップがプレゼントされるというフェアを全国の取扱店で開催している。
 このカテゴリーに入るひとつが“アクア”シリーズで、「アホイ」、「アホイ ネオマティック」、「クラブ オートマティック デイト」、「クラブ ネオマティック」が含まれる。これらのモデルは20気圧防水を保証し、インデックスや針には視認性を高めるためにスーパールミノバを塗布し、また耐水・耐久性に優れた波型のナイロン・ストラップが付くことが特徴。ケースはSS製で、裏蓋には高い防水性を示すクジラマークが刻まれる。
 アホイ(直径40.3mm)は自動巻きのCal.DUW5001(26石、毎時2万1600振動、パワーリザーブ約43時間)、アホイ デイト(同40.3mm)とクラブ オートマティック デイト(同41.5㎜)は共に自動巻きのCal.DUW5101(26石、毎時2万1600振動、パワーリザーブ約42時間)を搭載する。
 また小ぶりなアホイ ネオマティック(直径36.3㎜)とクラブ ネオマティック(同37㎜)には自動巻きのCal.DUW3001(27石、毎時2万1600振動、パワーリザーブ約43時間)が装備される。
 スポーティー スタイル ウォッチに入るもうひとつのシリーズが今年、新たに誕生した“アウトバーン”コレクションだ。ドイツ人プロダクト・デザイナーのヴェルナー・アイスリンガーの協力を得てデザインされたもので、ツーシーターのヒストリック・カーに着想を得たという文字盤デザインが特徴となっている。中央にはスピードメーターを思わせる弧が描かれ、その全面にスーパールミノバが塗布される。
 ムーブメントは日付表示機構に改良を加えた最新の自動巻きのCal.DUW6101(27石、毎時2万1600振動、パワーリザーブ約42時間)を搭載。SSケースの直径は41mmで、10気圧の防水性能をもち、裏蓋にはクジラ・マークが施される。アクアシリーズと同じく、フランス製の波型ナイロン・ストラップが付く。
 フェアは今年の8月31日まで開催され、期間中にスポーティ スタイル ウォッチを購入すると、アンスラサイトあるいはライトグレーの波型ナイロン・ストラップまたはブラックのコードバン・ストラップがプレゼントされる。
 詳細は特設サイトを参照されたい。
http://www.josawa-watch.com/nomos_sportystyle_fair.html


アンスラサイトカラーの波型ナイロン・ストラップ(バックルなし)


ライトグレーの波型ナイロン・ストラップ(バックルなし)


ブラックのコードバン・ストラップ(バックル付き)