[#063]モントレソルマーレが 世界でたったひとつのテッラ・チエロ・マーレの購入者、募集中

063

文/香山知子/『世界の腕時計』編集長

063
「アルティグリオ・アビッソ」。アビッソはイタリア語で深海を意味するが、それを思わせる深いブルーの文字盤がレギュラー・コレクションとは異なる、世界でたったひとつの“アルティグリオ”。裏蓋には1点製作を意味する「1/1」と刻まれる(写真・右)。ケース素材はグレード2のチタニウムとステンレススチールのコンビネーションで、直径は52㎜。ムーブメントは自動巻きのCal.ETA2824(25石、毎時2万8800振動、パワーリザーブ約38時間)を搭載する。ラバー・ストラップ。価格32万1840円(税込)。


イタリア語で「大地・空・海」を意味する“テッラ・チエロ・マーレ”と名づけられたこのブランドは、ミラノで長く時計ビジネスに携わってきたジョルジオ・ラトゥアーダ氏とエミリオ・フォンタナ氏のふたりが1999年にイタリアで創業し、2001年に最初の時計を発表した。彼らのコンセプトは「イタリアの明確な個性をもつデザインとスイス製ムーブメントの時計を作ること」にあり、具体的にはイタリアの歴史に刻まれる人物や出来事へのオマージュがデザインのテーマとなっている。

2011年には4代続くイタリアの時計ケース・メーカー、GTF社がブランドを買収したが、創業当初のコンセプトは変わらない。

さてマーレ(海)のコレクションに含まれる“アルティグリオ”は1920年代から1930年代に沈没船回収で活躍した船の名を冠したダイバーズ・ウォッチだ。2時位置にはヘリウムガスエスケープバルブを備え、1000m防水を保証する飽和潜水用で、“ブルズアイ・グラス”と呼ばれるドーム型のサファイアクリスタルが付く。

ここに掲載した深いブルーの文字盤の“アルティグリオ・アビッソ”はテッラ・チエロ・マーレが企画した“カスタム”の第一弾として発表されたもので、1点のみが製作されたユニークピースだ。

このモデルが同ブランドの日本の正規輸入代理店であるモントレソルマーレから発売されることになり、現在、購入者を募集している。

購入希望者はモントレソルマーレにWEBまたは電話で応募を!

http://www.montre-solmare.jp/ (特設ページのリンクを参照のこと)。

電話での応募は03-3833-4211(モントレソルマーレ 企画部・営業部)まで。

なお購入者の名前は本国サイトに掲載されることになっている。

応募締め切りは2016年6月26日(日)で、30日(木)に抽選で購入者が決定され、7月初めには納品される予定だ。