[#001]ナダルの使っているあの時計は何?

#001タイトル

ラファエル・ナダル選手

去る10月10日、テニスのジャパンオープン男子シングルス決勝が有明コロシアムで行なわれ、世界ランク1位のラファエル・ナダル選手が優勝をはたした。翌日、優勝カップを掲げる彼の姿が各新聞を飾ったが、その腕に黒い腕時計が付けられていたことを、いったいどれほどの人たちが気づいただろうか。

いや表彰式どころか、ナダル選手はこの腕時計を全5試合に付けて臨んでいたのである。その腕時計というのがスイスの時計ブランド、リシャール・ミルの「RM027」というモデルだ。

同ブランドCEOのリシャール・ミル氏はナダル選手の意見を取り入れて、女性用のクオーツ・ウオッチとほぼ同程度、男性用の機械式時計と比べて4分の1ほどの重さしかない腕時計を作り上げたのである。しかも、トゥールビヨンという精密な機構までも搭載しているのだから驚きだ。

ちなみにナダル選手がこの腕時計を初めて付けて臨んだ試合は6月に行なわれた全仏オープンのシングルス(上の各写真)。もちろんこの大会でも金メダルを得ているが、彼が腕時計を声高にアピールしなかったのは先のジャパンオープンと同様である。

しかし、ナダル選手の腕で200キロを超えるショットの衝撃にも耐え、数十試合を通して正確な時を刻んだのだから、それがリシャール・ミル氏にとっては何よりの勲章だったに違いない。

リシャール・ミル「RM027」
カーボンナノチューブ・ケースとLITAL合金&チタンのムーブメントによって、わずか20グラム(本体は約13グラム)という軽さを実現したトゥールビヨン・ウオッチ。価格4935万円(限定50個)
【問】東邦時計 ℡03-5807-8162

リシャール・ミル公式サイト http://www.richardmille.jp/
ラファエル・ナダル選手
ラファエル・ナダル選手