mo.WEB」カテゴリーアーカイブ

モノ・マガジン編集部がWEBのために特別に用意した記事、略して「mo.WEB」、週1回のペースで更新していきます。

#415 がんばるオレにご褒美の「金」

写真・文/桜井靖人(モノ・マガジン編集部)

moweb

415 がんばるオレにご褒美の「金」200ユーロ北斎金貨

今年は何かと取りざたされるであろう「金」。

日本が、世界がこの輝きに酔いしれる今年。
気になるコインが発売された。

泰星(たいせい)コインが1月20日から販売を開始した「世界の美術館 傑作記念コイン」シリーズがはやくもコインファンの間で話題だ。2020年に生誕260年をむかえた浮世絵師「葛飾北斎」と、その作品に大いに影響を受けたとされるピカソ、ゴッホの作品がモチーフ。用意されるのは、7.78gと31.104g、純度99.9%の金貨4種と純度90%の銀貨(22.2g)が3枚セットとなった銀貨3種セット。

北斎作品には世界でもっとも有名な浮世絵といわれる「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」のダイナミックな構図が精緻な凹凸とともに見事に再現。一方のゴッホ作品は、おなじみの自画像。逆にピカソ作品は記念コインとしては珍しい、1937年に起こったスペイン北部の小都市に対して行なわれた無差別爆撃「ゲルニカ」が描かれている。

また、それぞれの作品と縁のあるフランスの美術館がコインの両面に織り込まれているが、これは今回の記念コインを監修・発行した世界最古の造幣局である「モネ・ド・パリ(フランス国立造幣局」が手がけたからこその絵柄。

864年に設立され、ここで製造されるすべてのコイン、メダル、勲章などはすべて職人による手作り。造幣局であり、美術館も兼ねる同局が発行した、まさにコインファン泣かせの一枚、というわけだ。
しかも、日本とゆかりの深いコインということで世界に先駆けて日本で先行販売というオマケつき。

投資、なんてガラじゃないけれど、
金を買うタイミングって、こういう時なのかもしれないね。

共通裏面 200ユーロ金貨

200ユーロ北斎金貨 ケース入金貨は200ユーロと50ユーロの「北斎金貨」、50ユーロの「ピカソ金貨」と「ゴッホ金貨」が設定され、50ユーロ金貨は各200枚の限定。200ユーロの「北斎金貨」は450枚の完全限定販売(※ともに日本への限定割り当て数)となる。

気になるお値段は、50ユーロ金貨(7.78g)が12万6500円。
200ユーロの北斎金貨(31.104g)が49万5000円。

北斎、ピカソ、ゴッホの50ユーロ金貨(7.78g)が3枚セットになった「金貨3種セット」は37万4000円。

銀貨は北斎、ピカソ、ゴッホの10ユーロ銀貨(1枚22.2g)が3枚セットとなった「銀貨3種セット」は3万9600円(※銀貨の単品販売はナシ)すべてに特製ケースと発行証明証を付属。

●全国の金融機関で販売。

●販売元(泰星コイン)HPはこちら

https://www.taiseicoins.com
250ユーロ ピカソ金貨

10ユーロ ゴッホ金貨

共通裏面 50ユーロ金貨

金貨3種セット

※本ページ掲載の写真は、クリックすると拡大してご覧いただけます。

#414 壁の色のおはなし

文/モノ・マガジン編集部 松崎薫子

moweb

414 壁の色のおはなし

日本の住宅は白壁がほとんど。しかもビニールクロスが定番だ。
その常識をちょっと変えてみない?
家の中で壁の面積はとても広い。 白はどんな家具ともマッチするし、もちろん悪くない。
白壁であることになにも疑問をもってないだろう。

でもたとえば、壁一面や天井のみ、また腰の高さより下の壁だけなど 部分的に色や柄を使うという選択肢をもってほしい。

部屋の雰囲気がグッと変わるから。

私も何度かこう話してきたが、やはり最初のハードルが難しいのだと感じる。
一度でも壁を塗り替えたり、壁紙を新調したりすれば、その後は定期的に部屋の模様替え気分で楽しんでいる人はとても多いから。
実際私も、ペイントを経験してからというもの、今度はどの壁塗ろうかなと塗れそうな壁を探してしまうほどに考えが変わった。

興味をもってくれた人に紹介したいのが、イギリスのペイントブランド、ファローアンドボールだ。
最高品質の顔料と繊細なブレンドによって生まれるペイントで、世界中の顧客から高い支持を得ている。
また、独特な風合いをもつ壁紙は伝統的な工法を用い職人による手作業で仕上げるという唯一無二のもの。
壁紙のデザインやペイント色も膨大なので、かならずあなたの好きな色や柄を選ぶことができる。

ではどうやって塗ればいいのか、どうやって張り替えればいいのかである。
そんなときもご安心。ファローアンドボウルを展開するカラーワークスのショールームへ足を運べば、実際に自分で塗るレクチャーやワークショップを紹介してくれるほか、プロに頼むなどの相談も気軽にできる。

じつは、ビニールクロスの上からペンキを塗ることもできる。
ぜひ壁の色をひとつのキャンパスとみたてて色や柄壁を楽しんでほしい。

■ショップ情報
・カラーワークス
パレット ショールーム
住所/東京都千代田区東神田1-14-2カラーワークス パレットビル
電話/03-3864-0810

カラーワークス パレット ショールーム カラーワークス パレット ショールーム カラーワークス パレット ショールーム
カラーワークス パレット ショールーム カラーワークス パレット ショールーム カラーワークス パレット ショールーム

#413 イタリアを感じる理想空間

写真・文/モノ・マガジン編集部(片岡静香)

moweb

413 イタリアの理想の住空間に触れる

優れた絵画や彫刻、建築物などを生み出してきた芸術の国イタリア。 世界有数の家具の見本市「ミラノ サローネ」が毎年開催されるなど、イタリアの家具は世界的に有名だ。家具ブランド「アルフレックス」は、1951年にイタリアで生まれ、その後1969年に海をわたり「イタリア生まれ、日本育ち」のブランドとして、上質な家具を生み出している。

長く住むなら居心地が良い空間で過ごしたいからこそ、質の高い家具をインテリアに取り入れたい。そんなインテリアのお手本になるような「アルフレックス」のモデルハウスを見学してきたので、その様子をリポートしよう!

「アルフレックス」は、設立当初から家具単体ではなく、照明やその他のインテリアエレメントを含めた住空間のトータル的な提案を続けてきた。今から30年以上前に、アルフレックスの生活提案ができる、理想の住空間を作りたいという願いから、1987年に総合プレゼンテーション施設「カーサ ミア河口湖」を、山梨県河口湖に開設。「カーサミア」とは、イタリア語で「私の家」という意味だ。

発想の原点は、「アルフレックス ジャパン」創業者の保科正氏が、イタリア滞在中にイタリアの住まいが持つ、本質的に豊かな暮らしぶりや、その温かさに触れ人生観が変わったことがきっかけだったそう。

緑豊かな自然に囲まれた「カーサ ミア河口湖」の敷地内には、独創的なモデルハウスA棟やヨーロッパ型住宅を再現したB棟、ウィークエンドハウスを想定したC棟などが集結する。いずれも過度なデザインではなく、普遍的であり、サッシやドア、タイルまでをも当時イタリア現地から調達して、建材や仕上げに真にいいものを選りすぐることで、快適性を追求した。理想的な住空間だ。

A棟は、張替、塗り直しなどメンテンスしながら暮らすスタイルの家。空間構成も個性的で、1階の玄関、リビング、ダイニングにはドアがなく、45度の平面上の角度や段差によって空間が仕切られているので、開放感を感じることができる。

開口部が大きいことで、どこにいても光をふんだんに感じられ、限られた照明でも効率的に明るさを実感できる作りだ。また、パブリックとプライベートが意識され、生活導線が明確。住空間としての機能性に優れている。ダイニングからつながるテラスにはアウトドア家具が設置されるなど、室内と屋外ともに自由に寛ぎの時間を楽しむことができるのも魅力。

B棟は典型的なヨーロッパ型住宅に見られる平面構成。中央の階段室を軸に、玄関、リビング、ダイニング、キッチンなどのユーティリティが回遊できる合理的なプランだ。

特長はなんといっても、イタリアならではの自然素材を多様していること。経年変化を楽しむことができ、メンテナンスしながら使い、豊かな風合いを感じることができる作りだ。1階エントランスの床は大理石の寄せ張り、リビングダイニングのフローリングは、チーク材のヘリンボーン張り、壁はフレスコ画の修復材に用いられる顔料で仕上げる、ベネチアンスタッコを採用。ドアや窓枠も室内側は濃茶色というシックな仕上げだ。

ウィークエンドを想定したC棟は、外観のスタイル、内装にテラコッタなどの自然素材を用いながら、週末を豊かに暮らすために、どの部屋からも視界に自然が感じられるように配置されている。縦方向の軸線が意識づけられていて、コンパクトながら開放感を感じる室内が特長。玄関周り、階段周辺など機能を限定しないスペースにゆとりがあり、クオリティの高い時間を過ごすことができる設えだ。

各所に「アルフレックス」を代表する、スタイリッシュなソファやベッドなどの家具が、配置されているのも魅力。社会環境や家電、テクノロジーなどの進化とともに、変化する時代や生活スタイルに合った家具を自社で開発している「アルフレックス」。近年は従来のレイアウトに加えて、新しいコミュニケーションとして、サイドテーブルやチェアを活用し、家族が同じ空間にいながらも、個人個人が寛げる、ゆとりあるリビングスタイルが好まれているそう。照明は間接照明が主流で、トップライトで部屋全体を明るくすることはせず、フロアランプで光をバウンスさせ、壁と天井を柔らかく照らすことを基本に、ダイニングにはペンダントライトを、ソファには手元を明るくするテーブルランプを配置するなど、必要な箇所を照らすこだわり空間だ。

さらに社員のための研究・研修施設「ライフ デザイン インスティトゥート」では、「アルフレックス」の名作ソファである「レインボー」などの歴代モデルも見学できた。現在この施設は「アルフレックス」の製品や空間づくりを体験できる場として、ビジネスクライアントを中心に見学やイベントが行なわれている。

流行や時代が変化しても、色あせないイタリアの豊かな暮らし。日々の暮らしをより良質に楽しむのなら、現在も「アルフレックス」の目指す空間の礎となっている、モデルハウス「カーサ ミア河口湖」を、是非一度は訪れてほしい。

■お問い合わせ
アルフレックスジャパン カーサミア河口湖
TEL:0555-85-3411
※完全予約制 見学可能な時期などは要問合せ

A棟の1階のリビング。A棟の1階のリビング。

2階の踊り場は、ソファやテーブルが置かれ寛ぐことが出来る。2階の踊り場は、ソファやテーブルが置かれ寛ぐことが出来る。

2階の寝室。落ち着いた雰囲気が魅力だ。2階の寝室。落ち着いた雰囲気が魅力だ。

B棟の1階のリビング。窓が小ぶりでヒートロスが抑えられている。B棟の1階のリビング。窓が小ぶりでヒートロスが抑えられている。

B棟の玄関が吹き抜けになっており、落ち着いた佇まいを感じることができる。B棟の玄関が吹き抜けになっており、落ち着いた佇まいを感じることができる。

2階の寝室。シックな雰囲気の中、本物志向の家具が並ぶ。2階の寝室。シックな雰囲気の中、本物志向の家具が並ぶ。

「アルフレックス」の名作ソファである「レインボー」。「アルフレックス」の名作ソファである「レインボー」。

ウィークエンドを想定したC棟。ウィークエンドを想定したC棟。

コンパクト空間ながら、開放感を感じられる作り。コンパクト空間ながら、開放感を感じられる作り。

※本ページ掲載の写真は、クリックすると拡大してご覧いただけます。

#412 癒しの桃

写真・文/小川太市(モノ・マガジン編集部)

moweb

412 癒しの桃

 「いつもビールやウイスキーのセミナーしか来ないから、偶にはリキュールのセミナーも如何?」というキリンビール広報さんからお誘い。思い返せばリキュールに関してはノーマークだったな……と思いつつ、やってきたのは六本木のバー・TUSK。六本木ヒルズの麓、ウエストオーク1Fに鎮座するお洒落なバーだ。

今回のセミナーの主役となるお酒は”ピーチツリー”。文字通り桃をベースとした甘い果実系のリキュール。まずは、ピーチツリー担当者のマーケティング部洋酒担当から歴史を含めた解説をひとしきり。……ふむふむ……。セミナーを受ける前まではかなり軟派なリキュール(失礼)……と思っていたが、実は意外と硬派なリキュールである事を知る。

製造を手掛けているのは1695年にオランダで創業したリキュールメーカーの”デカイパー”。M&Aで看板以外はガラリと変わることが多い酒業界にあって300年超も独立を維持し、オランダ王室からロイヤルの称号を冠することを許されている伝統と格式あるメーカーらしい。

創業初期はジン作りを得意としていたが、1970年ころからリキュールに注力、現在ではリキュールメーカーとして世界№1の売り上げを誇っているとか。「1秒に1本売れている!」という資料のキャッチがその凄さを端的に示している。各種リキュールを発売しているが、その看板のひとつがピーチツリーらしい。

ボトル上部に描かれたイラストのように黄桃をベースにしており、現在でも自前の蒸溜所で製造しているとか。まずは、ソーダ使ったカクテルをひとくち。甘い香りと仄かな酸味が喉を潤してくれる。これまで果実系や甘いのは手を出してこなかった記者も思わず飲み干してしまうほど爽やかな味わい。

甘味と香味はあるのだけど想像以上に重くない。そう感想を述べるとしっかり熟成させた黄桃を使い、人工香料は一切わってないからと担当者。今回は柑橘を使ったピーチツリーサワーだったが、ウーロン茶と合わせたピーチウーロンも人気らしい。

甘めで食前酒かと思いきや食中酒としてもいけるらしく、「来年からスパイス料理と合わせたピーチツリーのマリアージュを広めたい」と担当者。……という訳で眼前に供されたのは、ルーローハン(台湾の角煮飯で八角・シナモンなどを使用)、フムス(伝統的なアラブ料理でひよこ豆のペースト。クミンやカイエンなどを使用)が並ぶ。

そのままでももちろん美味だが、これがルーローハンやフムス、つまりスパイスと良く合う。基本的には甘い味わいなので、スパイシーな料理を引き立てるし、スパイスの香りに桃の香りが合わさって重層的な香りとなり、味わいがより一層高まる。

マリアージュというと組み合わせを探すのが大変だが、これはスパイス料理の中からと絞り込みができるので、初心者でもマリアージュ料理探しが手軽にしやすいのが良い。

これからの年末年始は自宅で家族や友人、彼氏彼女と過ごす人も多い事だろう。スパイス料理手作りして、桃のカクテルと併せてみるのもありかも。もちろん、やはりプロの技でという人はTUSKにて1月末までピーチツリー推しメニューが展開されるというので、是非この機会に試してみて欲しい。色々と慌ただしい年末年始の中、桃の風味に癒されることだろう。

なお、カクテルの作り方に関しては以下のサイトにて。
https://www.kirin.co.jp/products/spirits_liqueur/peachtree/

また、やっぱりプロの技でという人には六本木タスクがオススメ。
http://tuskbar.jp/jp/

ルーローハン(台湾の角煮飯で八角・シナモンなどを使用)、フムス(伝統的なアラブ料理でひよこ豆のペースト。クミンやカイエンなどを使用)ルーローハン(台湾の角煮飯で八角・シナモンなどを使用)、フムス(伝統的なアラブ料理でひよこ豆のペースト。クミンやカイエンなどを使用)

ピーチツリー

※本ページ掲載の写真は、クリックすると拡大してご覧いただけます。

#411 手放しで喜べるデジタル

文/本田賢一朗(モノ・マガジン編集部)

moweb

411 手放しで喜べるデジタル
Punkt.MP02
価格4万4880円
BlackBerry端末以外でBlackBerry Secure Softwareを搭載するのは初。
https://www.punkt.ch/ja/

現在、発売されているダイハツ特集。
色々な取材先さんで「マニアックだなぁ」とニヤリとされてます。

その中でダイハツ的なる傑作品と題して、
我々、庶民に寄り添った、あくまで実用重視の
今、注目の傑作品を取り上げています。

紙幅の問題で、紹介しきれないモノは掲載した以上にあったりしましたが
探し出すと、やっぱり日本メーカーのモノが多いことに改めて気づかされます。

で、今回紙幅の都合上
少数派になった海外から、興味深かったのが
今夏日本初上陸した
スイスの独立系機器メーカー「Punkt.(プンクト)」。

5G時代が到来も目前にあって、
スマホ依存症やプライバシー問題など
デジタルデトックスの問題提起をする、
いわばガラケー3.0といった体。

通話機能に特化し、必要な時だけ使えるように
備えた4GLTE、インターネットテザリングなど絞った機能数も
「1つのデバイスにあらゆる機能がついていると、
どれも使い勝手がイマイチで、唯一の長所は
気が散る原因にこと欠かない」だなんて
皮肉たっぷりなのがいい。

話をしたいなら、電話をかけたら? というのも
社内でのPCネットワーク環境が整い始めた頃の
昭和のおじさんたちの発想で好感がもてる。

とはいえ、デザインはジャスパー・モリソン、
ノルウェーのサウンドアーティストの
チェーティル・ロスト・ニルセンによる着信音デザインと、
スッとした顔だけではわからない、モダン豊かな創造性。

もう手放せないデジタルには
手放して喜べるデジタルを。

そんなことを考えさせらました。

ペター・ネビー<ペター・ネビー>
創業者のペター・ネビー。1989年に17歳でノルウェーで最初のビジネスを立ち上げ、電子通信やソフトウェア開発で成功を収め2008年に「プンクト」を創業。「人々はあまりにもテクノロジーに圧倒されている。プンクトは、より落ち着いた生活を求め、知的習慣を取り入れるため」のモノにするという。

ジャスパー・モリソン<ジャスパー・モリソン>
かのジャスパー・モリソンがアートディレクター。

※本ページ掲載の写真は、クリックすると拡大してご覧いただけます。

#410 いよいよもってフィナーレ!「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」

文/大谷暁(モノ・マガジン編集部)

moweb

410 いよいよもってフィナーレ!「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」

 いやー、映画史を超えた空前のエンターテイメント巨編「スター・ウォーズ」がついに完結しちゃいますね。楽しみでありながら、残念でもあるという複雑な心境。長かったけれど、もう終わっちゃうのかという筆者的にはやはり感慨深いものがあります。だって高校生の時に初めて「スター・ウォーズ」を劇場で観てから何年経つのだろうか? オフィシャル資料を見るとなんと42年! こりゃあもうギネス級のびっくりレベルでございます。実は公開後に購入した映画の単行本に「スター・ウォーズ」は9部作であると記載されており、正直、完結するまでに一体何年かかるのかと、気が遠くなったのを思い出す。そして同時に、完結編を観るまでは絶対死んでたまるかと心に誓った(笑)。運が良いことに筆者はまだしっかり生きておりますが、同じ目標を持ちながら、完結編を観ることなく、無念にもこの世を去ったご同輩もいる。そんな仲間たちにも、胸を張って「オイいよいよ完結するぞ」と報告したい。壮大なフィナーレを飾るにふさわしい究極のエピソードはどういう結末を迎えるのか? ファンならずとも期待せずにはいられない。

そもそも「スター・ウォーズ」は、スカイウォーカー家を中心とした一大叙事詩。叙事詩というと「ドクトルジバゴ」とか「アラビアのロレンス」「ライアンの娘」といった大作が目に浮かぶのだが、「スター・ウォーズ」もそんな名作たちに勝るとも劣らない超傑作。肩を並べても誰も文句は言いません。言わせません。たぶん来年あたりには、全国の主要図書館に、上下巻、もとい、上中下、右左、右上、左上といった全9巻が置かれることになるかも知れません(笑)。
世代を超えた「光と闇の戦い」は、祖父であるアナキン・スカイウォーカー(ダース・ベイダー)の遺志を受け継ぐ<カイロ・レン>、伝説のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーの強い意志を受け継ぎ、類まれなフォースを覚醒させた<レイ>へと引き継がれていく。そしてR2-D2、C-3PO、BB-8らドロイドと共に銀河の自由を求めて戦い続ける。さらにもはやレジェンドのレイア、天才パイロットのポー・ダメロン、元ストームトルーパーのフィンに加え、本作で「スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還」以来の復活を果たすのが、ランド・カルリジアン選手。ハン・ソロの永遠の好敵手でもある彼が一体どんな活躍をしてくれるのか? 隠れファンならずともワクワクが止まらない。しかしマニアックな人選を最後の最後に出しますな! さすがです。

そして、完結編のメガホンを託されたのは鬼才J.J.エイブラムス監督。冴えわたる手腕をとことん発揮してくれるハズと信じてるぜ! さあみんな劇場に足を運ぼう。そして最後に贈る言葉は、フォースと共にあらんことを…。

2019年/アメリカ映画。12月20日(金)全国ロードショー、配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

©2019 and TM Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け
スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け
スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け
スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け
スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け

#409 文具好きのためのピンズ

文/関谷和久(モノ・マガジン編集部)

moweb

409 文具好きのためのピンズ
「文具好きのためのピンズ」
単品各価格1595円~。コンプリートセット価格9394円。
デザイン全6種。すべて銀座 蔦屋書店のオリジナルデザイン。各種限定200個
※上記限定数のうち各100個(予定)はコンプリートセット(6個全種類入り)として12月5日より販売中。

■銀座 蔦屋書店
https://store.tsite.jp/ginza/blog/stationery/11459-1128021203.html

銀座 蔦屋書店(東京都中央区銀座6丁目10-1 GINZA SIX 6F )が、オリジナルデザインの「文具好きのためのピンズ」を店頭&オンラインショップで販売中だそうで、かつてモノ・マガジンで激推ししていたピンズが、ジワジワと再燃しているようですな……。

銀座 蔦屋書店の文具売場といえば、アートピースとしての筆記具やオブジェを提案しているショップとして、文具ファンの間では有名な存在。

そんな銀座 蔦屋書店が企画・デザインなどを手がけているのだからして、そのこだわりは相当なものとお見受けする。

コンセプトは「文具をモチーフとして、身につけて楽しむ」。すべてに“ペン先”のモチーフが入っており、これがまた文具好きにはたまらないデザインなのだ。

全6種類。数量限定で無くなり次第終了なのでお早めに!

ペン先スクエアペン先スクエア/ペンと言えばペン先。色とりどりのコレクションを綺麗に並べた様子を色つきのニブで表現。 価格1705円。限定200個
ペン先星ペン先星/麻の葉の文様をヒントにペン先の美しい曲線を再現。文具好きのための勲章をイメージ。 価格2057円。限定200個
印籠に三筆先紋印籠に三筆先紋/日本古来のグラフィックデザインへのリスペクトをこめて「紋」をイメージしたデザイン。 印籠形の中に配置されており、「身につけて持ち運ぶ」意味を持たせたとか。 価格1595円。限定200個
全6種類のコンプリートセットペン先スクエア、羊と万年筆、インクと本と万年筆、印籠に三筆先紋、ペン先星、盆栽と万年筆の全6種類のコンプリートセット価格9394円。

※本ページ掲載の写真は、クリックすると拡大してご覧いただけます。

#408 山の上ホテル、営業再開

文/小野正章(モノ・マガジン編集部)

moweb

408 山の上ホテル、営業再開
一部のツインルームにはこうした書斎も完備。長年使われてきた木製のデスクとチェアがいまも現役だ。

建築家ウィリアム・メレル・ヴォ―リズの設計により、1937に建設された神田駿河台のシンボルといえば、そう、山の上ホテルに他ならない。

当初は九州の石油商・佐藤慶太郎氏が社会改善活動のために設立した佐藤新興生活館本部ビルとして建設され、その後の敗戦によってGHQに接収。54年に接収が解除され、山の上ホテルの創業者である初代社長の吉田俊男氏が建物を借り入れる形でホテルの営業を開始した。

以来、このアール・デコ様式の建物は、建築当時の姿をとどめながら、さまざまな政界関係者や文化人に愛されている。

ホテルをよく利用した作家のひとりが三島由紀夫。彼は「東京の真中にかういふ静かな宿があるとは思わなかつた。設備も清潔を極め、サービスもまだ少し素人つぽい処が実にいい。ねがわくは、ここが有名になりすぎたりはやりすぎたりしませんやうに」という言葉を残している。

客室がわずか35室(現在営業しているのは34室)の山の上ホテルは、静寂な時間を求める作家にとって特別な存在だったことがうかがわれる。

そんなホテルの建物もすでに80年以上が経過し、老朽化が進んでいた。そこでこの5月から耐震補強と給排水衛生設備の大規模工事のために休業していたのだが、ようやくこのたび終了し、12月より再び営業を開始することになった。

リニューアルと呼ぶほど大げさではないものの、再開後のホテルでは竣工当時のアール・デコ調の意匠や色彩計画を参考にして、館内全体に往時の雰囲気を強く打ち出し、独自の内装としてよみがえらせた。

たとえばロビーに敷かれていた赤い絨毯を外すことで、長く隠されていた美しい装飾のタイルが再び日の目を見ることに。またフレンチと中華レストランにも力を入れ、当初の図面にあった貴賓室を設けるなど、39年前のコンセプトを受け継ぐ改修が施された。ただし、多くの文人たちが籠った和洋折衷部屋や庭付きスイートなど、各部屋はそのままに残されているのが嬉しい。

さて、この改修を機に12月1日より「リニューアルオープン記念宿泊プラン」が用意された。夕食と朝食のついた1泊2日のブランで、夕食は池波正太郎のエッセイにも登場する天ぷら店「山の上」を始め、鉄板焼の「ガーデン」、フレンチレストラン「ラヴィ」、中華料理「新北京」から選ぶことができる。しかも、料理長のスペシャリテを盛り込んだ限定メニュー。ホテルオリジナルグッズのプレゼントという特典もある。

宿泊料金は1室1名5万円より、1室2名8万円より。2020年2月29日まで(12月24日、25日、31日、1月1・2・3日は対象外)。

文人たちの愛した宿でゆったりとした時の流れに身を委ねてみてはいかがだろう?

営業を開始した1954年当初の山の上ホテル。営業を開始した1954年当初の山の上ホテル。

天ぷら「山の上」中国料理「新北京」フレンチレストラン「ラヴィ」リニューアルオープン記念宿泊プラン限定の夕食。上から天ぷら「山の上」、中国料理「新北京」、フレンチレストラン「ラヴィ」。

三島由紀夫も常連だったというバー「ノンノン」三島由紀夫も常連だったというバー「ノンノン」ではオリジナルカクテルをいただこう。手前はウォッカベースにリンゴのリキュールなどを加えた「ヒルトップ」。奥はバーボンベースにザクロジュースなどを加えた「ドクターヴォーリズリバイバル」。

※本ページ掲載の写真は、クリックすると拡大してご覧いただけます。

#407 「お心当たりの方、」

写真/サク☆ライダー(モノ・マガジン編集部)日産自動車 文/サク☆ライダー(モノ・マガジン編集部)

moweb

407 「お心当たりの方、」

いやですね、雨の中の渋滞。ふぁー、小林克也のラジオがなきゃ居眠ってたなこりゃ。金曜日でよかったわ。とその時!左側車線を走る一台のクルマに絶叫。あれは、初代日産「プレーリー」さんではありませんか!

50代以上のヒトでないと分からないでしょうが、このクルマなんと世界初のミニバンなのです。一般的にはセダン風の顔にバンスタイルの居住スペースをくっつけた5人以上のピープルムーバーというのがミニバンの定義。

アメ車の「クライスラー・ボイジャー」が世界初のミニバンであるとアナウンスしておりますが、あちらは83年デビュー。プレーリーはその1年前の82年に登場してるんでね。ちなみに日本でミニバンといえば、佐藤可士和さんが広告を手掛けた「ホンダ・ステップワゴン(96年~)」が有名ですが、そちらと比べても14年も先輩。

とまぁ、自動車業界の歴史はさておき。見てくださいこのカクカクしたボディ。まるで共産圏の軍用車&商用車のような折り紙を折って作ったようなボディが、なんともイマっぽくないですか! あれっ、この車高は? とお気づきの貴方はかなりの日産通。そうなんです、このクルマは当時でも珍しかった4WDモデルなのです。2WDモデルより1インチほど上がったボディにリアの駆動系メカが見えてFFモデルとはひと味もふた味も違う、ワイルドでプロ仕様な仕立て。

80年代といえば、ソアラにレパードといった「ハイソカ―」ブーム。そんな最中に3列シートを備えたセダンもどきが若者にウケるはずもなく。結局は大家族、あるいは「これこそ次世代のファミリーカーでは」と当時にしては鼻の利く、クルマ好き以外からはそっぽを向かれてしまったわけです。早すぎたクルマ、プレーリー。ネオクラブームの影響でここ数年、80年代のクルマの中古市場価格がバカみたいにお高くなってしまっているのですが、プレーリーは意外な穴だと。早速、中古車サイトをググってみましたが初代モデルの掲載数は「0ゼロ」。

今日見かけた個体は貴重な4WDというだけでなく、塗装面、樹脂類、ゴム類が雨に濡れていることを差し引いても程度良好。マフラーにいたっては、いまディーラーから引き取ってきた、と言ってもいいほどの状態。「ガラスにスモークなし」は、良物件の証しと言い続けている私としては間違いのない個体と考えていいでしょう。

さて、このクルマのオーナーさん。あるいはそのご家族の方がもしいらっしゃいましたら、編集部のサク☆ライダーまでご連絡いただけないでしょうか。取材、またはそれ以上のお話しをしませんか?

カクカクのボディデザイン共産圏の商用車によく見られるカクカクのボディデザイン。あのころのデザイントレンドでもありますが、当時のプレス技術とか、構造上の理由でもあるわけですね。リアウインドウ上にあるサンバイザー兼スポイラーはおそらく当時のディーラーオプション。この程度の良さは尋常でない。しいていえば、ドアミラーでなくフェンダーミラーだったらよかった。後席は両側スライドドアで3列シート、全長4090㎜だというのに、8人乗りモデルもラインナップしていたのは驚き桃の木。まさにいまのミニバンのパッケージが37年前にできあがっていた、ということですな。UK版「AUTO CAR」誌で10ベスト エステートカーに選ばれたほか、センターピラー(車体中央にあるドアとドアの間の柱)をなくした独自の「センターピラーレス構造」が発明協会の通産大臣賞を受賞。

#406 自宅で温泉

文/松崎薫子(モノ・マガジン編集部)

moweb

406 自宅で温泉
商品ラインナップ
「春霞」「月白」「無垢」「緑光」
それぞれ小袋(60g)価格220円、化粧箱7包入り価格1430円、円筒3包入り価格1100円、スタンディング袋「春霞」「月白」(1500g)、「無垢」「緑光」(1800g)価格2970円
■お問い合わせ
ヤングビーナス薬品工業
TEL 0120-171-555 URL http://yuyaku-toji.jp

寒くなってきましたね。
そんな夜に、別府温泉の湯の花エキス配合(基剤)の薬用入浴剤「湯躍」がとてもいいのです。

なんといってもポイントは、湯の花です。
別府温泉には350年ほど前から伝わる湯の花づくりがあります。
ミネラルを豊富に含むこの地特有の土壌に、温泉の噴気を作用させて温泉成分を結晶化させたものを採取します。

そんな、天然原料である別府の湯の花をエキスとして医薬部外品の入浴剤に用いたのがこちら。
作ったのは57周年を迎えるヤングビーナス薬品工業です。日本に古くから伝わる温泉湯治を50年以上考察・研究し開発している会社で、創始者の温泉の恵みを広く家庭にも届けたいという強い想いからスタートし、製品作りが行われています。

使ってみると、私は足のむくみや手足の冷えが軽減されている感じがしました。お湯がやさしく包みこまれる印象。特に好きだったのは睡蓮の香りが心地良い白くにごる「月白」。

あ〜、温泉入りに行きたい!っていつも思いますが、この入浴剤のおかげで毎日幸せな気持ちになります。ぜひお試しください。

●品質管理試験●品質管理試験

●混和熟成仕上げ●混和熟成仕上げ

●湯の花エキス アルカリ反応の様子 ●湯の花エキス アルカリ反応の様子

※本ページ掲載の写真は、クリックすると拡大してご覧いただけます。