#443 伝説のすた丼屋から新たなる伝説爆誕!?

文・撮影/小川太市(モノ・マガジン編集部)

moweb

443 伝説のすた丼屋から新たなる伝説爆誕!?

すた丼でお馴染みのアントワークスから最新作の「ごってり肉汁油すた丼」が爆誕! という訳で試食会にお邪魔し、その実力を見た目、味で確認してきたのでリポートしよう!

今回、ローンチされたのはごってり「ごって肉汁油すた丼」、「唐揚げ合盛り肉汁油すた丼」、「肉汁油大爆発すた丼」の三種。どれも”肉汁油”という強烈なパワーワードが冠されているが、これが今回新たに開発したという秘密兵器。

すた丼史上初となる砕きニンニクにラード

すた丼史上初となる砕きニンニクにラード、超粗挽き豚バラ肉を醤油や調味料で和えた具材&調味料的な存在。これをすた丼でお馴染みの秘伝のタレで炒める豚バラ肉と合わせることで脂ギッシュ、、、もといエネルギッシュな丼が誕生するのだ。「コロナなどで大変な時代にこれを食べて元気になって欲しい!という思いで開発しました」とは開発担当者の小津さん。

小津さんに調理工程から見せて頂いた

すた丼屋で作るメニューは全て注文を受けてからひとつひとつ作る”完全受注丼”なので、小津さんに調理工程から見せて頂いた。その様子はノーカット動画にて撮影したが、


高火力の鍋で炒める際に立ち昇るニンニクの香ばしい匂いや、脂が焼ける匂いなどに強烈に食欲をそそられる。

手早く作られた肉汁油すた丼

手早く作られた肉汁油すた丼はレギュラーのすた丼比でニンニク8倍、油1.5倍!という超へビュー級! 「さぁ、お熱いうちにドウゾ!」と笑顔の小津さんに即されて早速試食。一口食すとコッテリとした脂とニンニクの香りのコンビネーションが抜群! 不揃いのニンニク粒とチャーシュー角切りのアクセントもたまらない。撮影用には玉子を乗せているが実際には別に玉子が添えられて提供されるので、小津さんオススメという解き玉子に付けてたべると、まろやかな味わいになって、これまた飯が進む。

手早く作られた肉汁油すた丼

気が付くと白飯が肉汁油を吸っているが、これだけ単体で食べてもかなり美味。これは癖になりそう。「でしょう。実は内部でも好評でして、第二のすた丼にしようかという裏話もある位の自信作なんです」と小津さんも太鼓判。

美味しいものは脂と塩と糖分で出来ている……の某CMではないが、これはヤミツキ度高しな危険な、、、いや美味なる丼。更なるボリュームを求める男飯志向の人には、唐揚げトッピング、具材倍増メニューも同時ローンチされているので、この機会に是非とも食して欲しい!

開発担当者の小津さん開発担当者の小津さん
「ごって肉汁油すた丼」は850円 唐揚げ合盛り肉汁油すた丼」は1050円、「肉汁油大爆発すた丼」は1250円
「ごって肉汁油すた丼」は850円、「唐揚げ合盛り肉汁油すた丼」は1050円、「肉汁油大爆発すた丼」は1250円。唐揚げは大粒でジューシー、大爆発すた丼は上から見ると一目瞭然だが、器の大きさはそのままに具量が倍増!

■お問い合わせ
株式会社アントワークス
https://antoworks.com/