#434 夏だから美味しいワイン

文/小野正章(モノ・マガジン編集部)

moweb

434 悪夏だから美味しいワイン

昨年夏、サントリーから登場した赤・白ワイン「氷と楽しむおいしいワイン。」の好評を受けて、今年はパイナップルやグレープフルーツ、オレンジ果汁を加えた白ワイン「氷と楽しむおいしいワイン。(酸化防止剤無添加) サンシャインフルーツ」が夏季限定で発売されました。

ワインに氷を入れるなんて美味しくなさそうと思われていますが、高級ワインならいざ知らず、カジュアルワインの世界ではありだとか。実際欧米ではワインを冷やすのはもちろん、氷を入れる飲み方も一般的になっているとのことです。翻って日本でも「飲みやすくなる」、「最後まで冷えた状態で楽しめる」といった理由から氷を入れて楽しむ人が増えているそうです。

で、今回のワインはサマーフルーツの果汁を合わせることで、より一層フルーティーで爽やかな仕上がりになっています。実際に飲んでみたところ、最初は濃厚なフルーツジュース(もちろんアルコールは12%入ってます)といった印象ですが、氷が解けていくうちに飲み易くなって、フルーツの爽やな甘みと酸味が一層感じられるようになっています。

もうひとつ紹介したいのが、「雫音(しずね)」というワインです。こちらは、スダチと柚子という和柑橘を加えることで、出汁の味わいを楽しむ和食に合うスパークリングワインとして開発されました。ふわっと華やかに香る柚子のふくよかで上品な味わい、すっきりと香るスダチの爽やかな酸味とほのかな苦みが和食を引き立てます。冷奴や枝豆といった夏のお摘みと合わせても美味しいですよ。ぜひ、試してみてください。

「氷と楽しむおいしいワイン(酸化防止剤無 添加)サンシャインフルーツ」(12%、720ml) 和テイストのスパークリングワイン「雫音(ゆず)」と「雫音(すだち)」(各7%、350ml)
白ワインベースにパイナップル、グレープフルーツ、オレンジの果汁を加え、氷を入れても美味しく味わえるフルーティーで爽やかな「氷と楽しむおいしいワイン(酸化防止剤無
添加)サンシャインフルーツ」(12%、720ml)
白のスパークリングワインに柚子やすだちといった和柑橘の果汁を加えた、和テイストのスパークリングワイン「雫音(ゆず)」と「雫音(すだち)」(各7%、350ml)

「カルロ ロッシ ICE スパークリング マスカット」(8%、280ml)
モマンドール アイスレモン」(8.5%、750ml)上はフレッシュでフルーティーなカルロロッシをベースにマスカットの爽やかな香りを加えた「カルロ ロッシ ICE スパークリング マスカット」(8%、280ml)。下は爽やかなレモンを思わせる酸味と白ブドウのフルーティな果実味のバランスが良い「モマンドール アイスレモン」(8.5%、750ml)。ともに氷を入れてもそのままでも楽しめる。

※本ページ掲載の写真は、クリックすると拡大してご覧いただけます。