#432 昔懐かし、愛すべきアイス

文/加藤文晶(モノ・マガジン編集部)

moweb

432 昔懐かし、愛すべきアイス

とある駅のホームで見かけた、とあるアイスの駅看板広告。そのアイスとは、メイトーの『ホームランバー』。

「懐かしいなぁ」なんて思いながらしばらく眺めていると、右上に“60 ANNIVERSARY since 1960”の文字を発見。幼い頃に銀紙パッケージのホームランバーをよく食べていた記憶は残っていますが、自分より10歳以上も年上だったなんて、と少々ビックリ(笑)当時の値段は30円とか50円とかだったような……とにかく安かったなぁ。

と、余談はさておき。

そんなホームランバーは日本初のアイスクリームバーとして誕生し、今年で発売から60周年を迎えるロングセラーアイス。日本初の当たり付きアイスクリームとしてもおなじみです。
そう、“当たりが出たらもう1本”!食べ進めるときの当たりが出るかどうかというワクドキ感や当たりが出た時の嬉しさが今となっては懐かしい。そんな人も決して少なくないでしょう。

話が再び脱線しそうなので、本題に戻ります。

私が見た駅看板広告の商品は『ホームランバー 全ヒットラッキーパック』。バニラ&チョコとプチパリチョコの2種類が6月1日(月)より全国のスーパーにて数量限定で発売されました。

10本セットで発売されるホームランバー 全ヒットラッキーパック。注目は全10本とも「ホームラン」、「1塁打(1ポイント)」、「2塁打(2ポイント)」、「3塁打(3ポイント)」のいずれかの焼印が必ず出るところでしょう。さらに! 必ず景品がもらえる「ホームラン賞」も倍増していて、まさに、60周年を記念した大盤振る舞い的な商品にあっぱれ!

過去には空とぶ円ばんUFOやスピードガンといった景品が人気を博し、最近はドローンやLINEのスマートスピーカーも景品に登場しましたが、今回の景品はサイズが選べるオリジナルペアTシャツなのだとか。家族、友達、恋人とのリンクコーデやペアルックもアリな選択でしょう。

ちょっとお値段が張る高級アイスクリームもいいけれど、少年時代の懐かしい記憶に想いを馳せながら、そして、当たりが出るかどうかのワクドキ感を感じながら食べるホームランバーもまたヨシ! だと思いませんか?

ホームランバーブランドサイト:https://www.homerunbar.com/

■お問い合わせ
協同乳業 お客様相談室
TEL:0120-369817(ミルクハ イーナ)

駅看板広告の全景こちらが駅看板広告の全景。“全ヒットラッキーパック”の文字が目立ち度抜群! アナタが利用している駅の近くにもひょっとして!?

ホームランバー バニラ&チョコ 全ヒットラッキーパックホームランバー バニラ&チョコ 全ヒットラッキーパック
種類別:ラクトアイス
内容量:45ml×10本
保存温度:要冷凍(-18℃以下)
エネルギー:バニラ 57kcal/チョコ 58kcal
希望小売価格:350円(税抜)

ホームランバー プチパリチョコ 全ヒットラッキーパックホームランバー プチパリチョコ 全ヒットラッキーパック
種類別:ラクトアイス
内容量:45ml×10本
保存温度:要冷凍(-18℃以下)
エネルギー:チョコ 71kcal/いちご 69kcal
希望小売価格:350円(税抜)

「ホームラン」の焼印が出たら大当たり!「ホームラン」の焼印が出たら大当たり! もれなくオリジナルペアTシャツがゲットできます。また、1塁打(1ポイント)、2塁打(2ポイント)、3塁打(3ポイント)の焼印が出たら合計4ポイント(1口)になるまで集めて応募すれば、抽選でオリジナルペアTシャツが当たります。