#420 ファーストキッチンの新作バーガー

文/小川太市(モノ・マガジン編集部)

moweb

420 ファーストキッチンの新作バーガー

1977年に日本発のバーガーブランドとして誕生して以来、日本で愛されてきたファーストキッチン。ここ数年は米国発のウェンディーズともコラボしダブルブランドとしても話題となっている。本場仕込みのアメリカンなバーガーが僕らの胃袋を鷲掴みにしてきたのだが、本場アメリカンなバーガーも良いけど、国産バーガーとしての立ち位置もしっかり主張したい! という事でファーストキッチンが今月末から打ち出すのは”和テイスト”を全面に押し出した新作・ファーストクラシックバーガーだ。

パティに昆布(出汁)を使い、バンズには焦がし醤油を採用。「牛肉のイノシン酸に昆布のグルタミン酸が加わることで旨味は格段にアップします。和の旨味というだけでなく、旨味の相乗効果を狙いました」とは開発を担当したマーケティング商品課の滝口希さん。またバーガーだけでなく店内レイアウトにも配慮し「同時に和をイメージしたなごみの空間を構築、和モダンなお店を展開していきます」と意気込むのはマーケティング部長の髙関類さん。

ローンチ時にはファーストクラッシックバーガーに加えて、クラシックチーズバーガー、クラシックベーコンエッグバーガーと全3食がエントリー。食せば、昆布出汁でパティの旨味はぐーんとグレードアップされ、焦がし醤油で香ばしさが増したバンズに食欲をそそられる。これ単体でもモチロン美味しいが、旨味がしっかりしてるのでクラフトビールとも合うかも……。そう思って「せっかくだから、和のクラフトビールとのコラボもどうですか?」と記者会見で質問した所、「実はその展開も考えてます(ニッコリ)」と髙関さん。新作の和バーガーや和み空間の構築、バーガーが繋ぐ他との”和”など、今後のファーストキッチンの展開が楽しみな所だ。

展開第1号となるのが新宿紀伊国屋店で、本日から新作バーガーが食べられるという。以降、順次展開予定。バーガーマニアは是非、チェックして欲しい!

■お問い合わせ
ファーストキッチン公式サイト
https://www.first-kitchen.co.jp/

新作のクラシックシリーズは3種類新作のクラシックシリーズはクラシックベーコンエッグバーガー、ファーストクラシックバーガー、クラシックチーズバーガーの3種類。

ファーストクラシックバーガーこちらはファーストクラシックバーガーだ。

※本ページ掲載の写真は、クリックすると拡大してご覧いただけます。