#360 相棒バッグはコレに決まり!

文/片岡静香(モノ・マガジン編集部)

moweb

ファーロ/ファビオ(フォレストグリーン)価格7 万3440 円ファーロ/ファビオ(フォレストグリーン)価格7万3440 円

さり気なく自分のセンスを主張できるアイテム“鞄”。ライフスタイルを演出してくれるものだからこそ、デザインはもちろん使い勝手や素材にまでこだわりたい。そんな鞄好きに送る鞄案内が、1日(土)に発売したモノ・マガジン12月16日号「男の一生鞄」特集だ。

特集でも紹介した、上質な革鞄が魅力の「FARO(ファーロ)」。2005年に「クラフトマンシップ&モダニティ」をコンセプトに誕生したブランドだ。イタリア製のレザーにこだわり、長く愛用できる名品を多く生み出している。FAROやBRIEFINGブランドを展開する、ユニオンゲートグループWS営業部 部長の大倉正人さんに展示会にて話を聞いた。

革の独特な柔らかさが、特別な温かみをもたらすファーロの革鞄。「縫製は全てイタリアのマルケ州にある工場で一貫して行なっている。イタリアのシュリンクレザーは、柔らかくも弾力があるのが特長。そんな柔らかな素材を用いるため、持ち手には、低反発で強度のある素材を使用するなど、芯材に工夫を凝らしている。歪みにくく使いやすいのが魅力」。

また、ファーロの鞄は縫製や細かな部分まで、丁寧に作られているのもポイントだ。「革を重ね合わせた後、念入りに3回コバを処理し、革の端を丁寧に細かく縫い合わせるので、壊れにくく長く使うことができるようになる」。柔らかな革が、職人の巧みな技術によって、美しい佇まいの鞄に仕上がるのだ。

ファーロの定番モデルである、シンプルなデザインのトートバッグ「FABIO(ファビオ)」と、かぶせ型のデザインが特長的な「FRATELLI(フラテッリ)」。今シーズンは、バーガンディとフォレストグリーン2色が新たにラインナップ。展示では、実際に5 年間使い続けているという、大倉さん愛用のトートバッグも飾られていた。「革は経年で変化するが、縫製がしっかりしていれば、壊れにくく長く愛用することができる」と話す大倉さん。上品な風合いはそのままに、長く丈夫に使える“質の高い鞄”を知ることができた。

丁寧に使うことで、さらに価値が増す「一生モノの鞄」。日々の生活を支えてくれる大切な存在だ。毎日使うのが楽しみになるような特別なアイテムを是非見つけてほしい。

ファーロ/フラテッリ(フォレストグリーン・左)価格7万1280円ファーロ/フラテッリ(フォレストグリーン・左)価格7万1280円
ファーロ/ファビオ M(バーガンディー・右)価格5 万9400円 フラテッリ M(バーガンディー・左)価格6万8040円ファーロ/ファビオ M(バーガンディー・右)価格5 万9400円 フラテッリ M(バーガンディー・左)価格6万8040円
大倉さんと愛用のファビオ。大倉さんと愛用のファビオ。
展示会の様子

※本ページ掲載の写真は、クリックすると拡大してご覧いただけます。