#348 手のひらサイズのだんごむし!?

文/関谷和久(モノ・マガジン編集部)

moweb

カプセルトイ『だんごむし』


東京おもちゃショーやSNSで話題となっていたカプセルトイ『だんごむし』がついに発売! 全国の玩具売場・量販店などに設置されたカプセル自販機でガシャポンできるぞ。

だんごむしといえば、突っつくと丸まってしまうカワイイ姿に多くの子どもが魅了されてきたが、ママさんたちには蛇蝎のごとく嫌われてきた存在。

そんなだんごむしが、なんと1000%スケールのカプセル玩具となったというから、世の中何が起こるかわからない。

意外にも昆虫が苦手な開発担当が、さまざまな文献や図鑑などで「だんごむし」の特有で複雑な構造を徹底研究。試作を重ね、カプセル玩具の開発期間としては異例の2年という歳月をかけて丸まる様子を完全再現したという。

なるほど、その構造はまさにメカニカル。美しささえ感じてしまうほど。

自販機から丸まった状態(直径約74mm)でそのまま転がり排出され、広げると全長約140mmの歩行時の形状になるが、手のひらに乗せた衝撃の姿は好き嫌いが分かれそうだ(笑)。

現在発売しているのは、最もなじみ深い黒い「だんごむし」、イリドウイルスに感染して青くなった「青いだんごむし」、そしてアルビノで体が白く目が赤い「白いだんごむし」の3種。

12月下旬にはニューカラー(グレー、赤、クリアオレンジ)のだんごむしが順次発売決定!

これは……揃えるしかないのか!?

現在発売中の『だんごむし』は 全3種現在発売中の『だんごむし』は 全3種(だんごむし、 青いだんごむし、 白いだんごむし)。1回 500円。サイズ : 丸まり時 約74mm 広がり時 約140mm。対象年齢 : 15歳以上
まさにメカニカル。美しささえ感じてしまうほど。まさにメカニカル。美しささえ感じてしまうほど。カプセルレスでそのまま丸まってカプセル自販機から出てくるのがすばらしい。ダンゴムシの「殻」は普段は体節と体節が重なりあっていて、背中を曲げると重なりが引き出され丸い形に変化する。

 

グレーのだんごむし 赤いだんごむし クリアオレンジのだんごむし

12月下旬に発売される第2弾『だんごむし2』は、都会で多くみられる通常より色が薄い「グレーのだんごむし」。 食べ物等の影響により殻が赤くなったといわれる「赤いだんごむし」。 外側のボディを半透明にて再現したオレンジ色(アルビノ)で目が赤い「クリアオレンジ」のだんごむしの3種となる。

※本ページ掲載の写真は、クリックすると拡大してご覧いただけます。