#322 これぞ男料理!? “ナイスバーべ”体験!

文/片岡静香(モノ・マガジン編集部)

moweb

3月2日発売の次号『モノ・マガジン3月16日号』は、通巻800号の記念号! 特集内では、BBQ芸人である、たけだバーベキューさんの愛用品について話を聞いた。ここでは、本誌で紹介しきれなかった、たけだバーベキューさんならではのエピソードをお届けしよう。

たけだバーベキューさんのBBQはとても豪快! 分厚い塊肉やソーセージ、豚バラ肉、玉ねぎやナスといった野菜を、丸ごとBBQグリルで焼く。「野菜を焼く時は、オリーブオイルを塗ると水分を逃さず、ジューシーに焼くことができる。小さめのフライパンにニンニク、オリーブオイル、海老などの魚介を入れてアヒージョを作ったり、バーニャカウダやパンをつけて食べるのもおすすめ。」「味付け用の塩と胡椒は、普通の容器ではなくミルタイプで大容量のものを持っていくのがポイント! 量を気にせずどんどん使えるし、ミルでまわし入れることでワイルドさも演出できる!(笑)」

レシピについては、「スペインのバルセロナで『カルソターダ』というコース料理の『カルソッツ』という美味しい長ネギの丸焼きを食べました。ロメスコソースで食べると、本当に美味しかった。」そんな美味しいBBQを食べる度、新たなレシピや発想が浮かぶという。「これからも色々な国の肉料理を知ることで、新しいBBQを生み出していきたい。」取材後は、素材の味が引き立つジューシーなBBQ料理を試食。美味しい!!

BBQ成功の秘訣を聞くと、「BBQに“完璧”はありません。失敗も笑いのネタになるから面白い。どんどん挑戦してコツを掴んでいく、それがアウトドア料理の醍醐味です!」そう、BBQはみんなで楽しみながら極めていく男料理なのだ! 気になるたけださん愛用のBBQギアは、是非本誌の特集【ザ・傑作品】をご覧あれ!


■たけだバーベキュー 
1986年、兵庫県生まれ。バーベキュー芸人として日本全国でバーベキューを行なう。レシピ本も多数出版しており、“普段のバーベキューに一工夫”をテーマに、手軽で美味しいBBQを提案している。


※本ページ掲載の写真は、クリックすると拡大してご覧いただけます。

「野菜を焼く時は、オリーブオイルがポイント!」

火加減を調整しながら材料を焼くたけだバーベキューさん。

たけだ流BBQについて色々話してくれた。

ナイスバーべ!!