#309 セブンでは”298”をチェックしよう!

文/モノ・マガジン編集部 写真/熊谷義久

moweb

ミートソースドリア298

 もはや我々にとって欠かせない存在がコンビニだ。多彩な商品が買えるというだけでなく、振り込みやATMでの引き落としなど、日々の生活で活用する場面は多い。最もお世話になるのが「食」になるだろうが、今では”コンビニグルメ”と呼ばれる程、品質が向上してきている。

編集部のコンビニマニアとして今、注目しているのがセブン-イレブンのグラタン・ドリアジャンル。セブン-イレブンではグラタン・ドリアの改革を続け、今秋には担当者をして全面刷新と呼ぶほどの進化を遂げている。……とはいっても奇をてらっている訳ではないのが、セブンらしい所。
実は数年に渡ってチルド温度帯で製造~店頭流通というシステムを構築してきたのだが今秋にその体制が全国規模で整い、満を持してグラタン・ドリアジャンルを推進していくという。

 定番の海老グラタンやゴージャスなハンバーグドリアなどがあるが、「おっ」と呼べるアイテムが、こちらの”ミートソースドリア298”だ。ターメリックライスに自社工場製のホワイトソースをかけ、パスタでも人気のこれまた自社工場製ミートソースがたっぷり。これでお値段298円(税込)というのだからかなり驚異的である。ちなみに、前文で名称に298!?と何でついているの?と気になった人は結構鋭い。実はこの値段は某有名ドリアよりお値打ち価格。それが自宅で食べられるっているのがかなり凄いところでもある。なお、全面刷新したチルド帯のグラタン・ドリアの特性を打ち出した野菜たっぷりの新作グラタンも10月には投入されているというから楽しみだ。詳しくはモノ・マガジン12‐16号(12/1発売)のコンビニ記事をご参照いただきたい。

ミートソースドリアの詳細はコチラ!
http://www.sej.co.jp/i/item/160000091906.html?category=339&page=1

※本ページ掲載の写真は、クリックすると拡大してご覧いただけます。