#283 エンジンをかければ、ほら、あの曲が。

写真・文/モノ・マガジン編集部(桜井靖人)

moweb
ホンダ CRF250 RALLY(ラリー)

 こんにちは、バイクの試乗会帰りでちょっと興奮気味なのりモノ担当のサクライです。乗ってきたのはホンダの軽二輪モデル「CRF250 RALLY(ラリー)」。バイク好きならば2015年のモーターサイクルショーでコンセプトモデルとして発表され、日本国内はもとより、世界中で「こんなの欲しかった! 市販してくれ!」と大反響のあったいい意味でいわくつきの一台であることはご存知の通り。あのバイクがついに市販化、ということで興奮おさえきれず、五十肩がピリピリと痛む身体をおして、いそいそと会場へ向かいました。ご対面したバイクはまさにあの時のあのバイクそのもの。ふつう、コンセプトモデルが市販化されると、大人の事情(法規とかコストとかね)で、ちょっと違うヒト、みたいなことになることが多々あるのですがこのバイクは、いやいやなかなか、あのまんま!

 会場で商品説明していた開発担当者にお話しを聞くと、まさにこのあたりが本バイクのウリでした。開発者いわく「反響のあったコンセプトモデルをどこまで忠実に市販化できるか、が最大のポイントでした」。たとえば、前代未聞のウインドスクリーンと一体化された左右非対称、二眼のLEDヘッドライト。この部分はスクリーンにライトの光が入り込むということでその処理に苦労したとか。ほかにもエンジン部分を大きく覆ったアンダーカバー、ライディングに悪影響を与えず、航続距離を延ばすためにデザインされた大容量の燃料タンクなど。とにかく、いちど出してしまった「夢のコンセプトモデル」の「現実化」に苦労したことが開発チームの苦悩であり、やり遂げた感であるそうだ。

実車を前にすれば、とても250㏄クラスとは思えない、堂々とした車格はまさに同社のラリー競技モデル「CRF450 RALLY」を思わせるもの。かつて日本にも大容量のタンクにこれまた大光量のライトを備えたいわゆるラリー車ブームがあり、90年代にはホンダから「BAJA(バハ)」、ヤマハからは「RAID(レイド)」スズキから「DJEBEL(ジェベル)」といった「ラリー3兄弟」250クラスの長旅をイメージさせるモデルがあったがその後、自然消滅。このモデルは久々のラリーモデル復活というわけだ。

ワタクシ同様のパリダカ世代、カップヌードルのCMで果てしない砂漠を走るオフロードレースを夢見た世代にはあのBGM(フォルテシモ by ハウンドドッグ)が聞こえてくること間違いなし。40代、50代にとってロマンあふれる一台は、驚くことにご近所のHonda二輪車正規取扱店で手に入る。

※本ページ掲載の写真は、クリックすると拡大してご覧いただけます。

CRF450 RALLY
CRF450 RALLY
手前が競技マシンの「CRF450 RALLY」。排気量の違いはあるものの、全体のイメージとコンセプトが色濃く市販車にいかされていることがよく分かる。この日来ていた専門誌の方々も「CRF250 RALLY」を前にちょっと嬉しそうな表情。もちろんワタクシも。
CRF450 RALLY
CRF450 RALLY
ホンダ CRF250 RALLY(ラリー)
水冷4ストローク DOHC4バルブ 単気筒。
総排気量:249cc 最高出力:18kW(24PS)」/8500rpm
最大トルク:23N・m(2.3Kgf・m)/6750rpm  
車体サイズ:全長2210㎜(2175㎜)×
全幅900㎜×全高1425㎜(1360㎜) シート高895㎜(830㎜)
※()内はローダウン仕様車。

●車両本体価格64万8000円 ABS装着モデルは70万2000円。

hondaお客様相談センター?0120-086819
http://www.honda.co.jp/CRF250RALLY