#280 その航行歴、60年超

 文/上岡篤(モノ・マガジン編集部)

moweb
 写真/吉田雅彦(M-focus)

2月16日発売のモノ・マガジン特集は、トヨタのランドクルーザー。何と58ページの大特集です。
あ、決してバイヤーズガイドではありません。
現行モデルのランドクルーザー200とランドクルーザー プラドの紹介は6ページしか割いていませんから。

これまで、
 4駆でデカいクルマ
 アウトドア好きな人が好んで乗るクルマ
ぐらいにしか思っていなかったクルマ。でも、こうしてランクルに触れてみると、実に頼もしいクルマということがわかりました。思いたくもありませんが、クルマに乗って死ぬって、どういったときを思い浮かべますか? 日本では、交通事故がほとんどだと思いますが、世界には、日本では想像できないような過酷な環境があります。

 見渡す限り砂漠が広がる中東
 辺り一面何もない極寒のシベリア大陸
 ちょっとの雨でもすぐにぬかるんだ路面、
 あるいは川のようになってしまう南米大陸

こうした地域では、いったんクルマが故障してしまうと誰も助けに来てくれない場合があります。
今回、チーフエンジニアの小鑓貞嘉さんに話を聞きましたが、ランクルに求められる使命は、「目的地にたどり着いて、無事に帰って来られるクルマ」だそうです。世界の至る所で絶大な信頼を得ているのも、当然なのです。

前身となる「トヨタ ジープBJ型」が誕生したのが1951年。1954年に「陸の巡洋艦=ランドクルーザー」と改名されてから60年超。累計で800万台以上が世界の「道なき道」を走り抜けるために生産されてきました。そしてこれからも、陸の巡洋艦は世界各地で航行し続けることでしょう。

「開発陣はランクルが走る国に行って、必ず実際に乗っている人に話を聞く。使い勝手、不満を聞いて、その国や地域に適したランクルを開発する。それが、現地現物という開発テーマのひとつです」(小鑓さん)

特集ではランクルの歴史、モノ・マガジンが選んだ「ランクル的傑作品」、中古ランクルを選ぶ際のポイント、ランクルのホビー(これまた多い!)など、ランクルってスゲェ! と感じることができる内容盛りだくさんです。
ぜひ、ご購入を!

※本ページ掲載の写真は、クリックすると拡大してご覧いただけます。


1955年に登場した「ランドクルーザー20系」。1954年にジープBJ型からランドクルーザーに改名されて、初めて世に送り出されたモデルだ。
写真提供/トヨタ博物館


インタビューに応じてくれたチーフエンジニアの小鑓貞嘉さん。この後、南米コロンビアなどに出かけ、現地の販売店スタッフやユーザーに会ってランクル談義を交わしたとか。ランクルのように大きな人かと思いきや、意外に小柄な方。
写真/清水友渉


オーストラリアで活躍するランドクルーザー。このように川を渡る場合もある。その理由は「川を渡らないと目的地にたどり着けないから」。


「はたらくランクル」企画で、首都高速道路のパトロールカーを取材。使われているのはもちろんランドクルーザー。その理由は「タフだから」。ごもっとも!
写真/熊谷義久