#276 スペースシャトルと同素材!? “100年アイロン”完成

写真・文/和田史子(モノ・マガジン編集部)

moweb

東芝 美(ミ)ラクル La-Coo(ラクー) TA-FLW900

その昔、アイロンは熱源に炭を使い、その火の熱さと自重で洗濯物のシワを伸ばしていた。それが“家電”になったのは、日本では100年前のことである。
冷蔵庫や洗濯機、カラーテレビなどと同様、アイロンも国産第1号を送り出したのは東芝。海外ですでに登場していたアイロンは、1915年に日本製がお目見えした。当時の教師の初任給50円に対し、アイロンの価格は5円。それなりに大きな買い物だった。

※東芝ライフスタイル提供

※東芝ライフスタイル提供

機能的には1955年にスチーム搭載、1967年に“かけ面”(衣類に接する平たい面)へのフッ素加工、と進化したが、実は見た目にも仕組みにも、それほど大きな変化はない。大きく変わったのは、パナソニックが先陣を切った2010年の“ダブルヘッド”くらいか。かけ面の後方も尖らせ、前後左右縦横無尽に動かせるようにしたものだ。とはいえ、地味にすごい進化をするのが生活家電で、今月新登場した国産101年目の最新モデル、東芝「美ラクル ラクー」を使ってみれば驚くはず。軽い!!!

軽さの秘密は“ボロンコート”

 
軽さの秘密は“ボロンコート”

この驚くほどの“軽さ”とは、アイロン自体の重量ではない。一時期、使い勝手を考慮して超軽量アイロンが広がったが、実際クリーニング店などプロが使う業務用アイロンがずっしりと重いように、その自重はシワ伸ばしの重要な要素。最近のモデルでは逆に、1kg前後の適度な重量をキープするのが主流になっている。ではこの軽さ、何で実現しているかというと、かけ面(衣類に接する平たい面)の素材である。
表面には、ボロンコートを施している。ボロンとは、ダイヤモンドに次ぐ9.3の硬度をもつ鉱物。スペースシャトルなどロケットエンジンのノズル部分や、リニアモーターカーの超伝導体にも使われている代物。耐摩耗性が高く、アイロン買い替えの主な理由はかけ面のコートの剥がれだが、これなら6万回の摩擦実験でも変化がないという。さらに、高熱を加えると滑りが大幅アップ。アイロンがけには最適な素材なのだ。
これに、扱いやすい低重心設計やパワフルなスチーム機能を盛り込み、100年培った知見をフル活用した現在最強のアイロンが完成した。

スペースシャトル©NASA

©NASA

ちなみにこの国産1号機から100年後のアイロン、実勢価格は2万1000円程度。現在の大卒初任給の平均から考えると1/10程度と、実は100年前とそう変わらない。今でもけっして安い買い物ではないが、使ってみればなるほど「これはいいものだ!」と真価を実感できるはずだ。

 ■ 商品情報 ■
  東芝
  美(ミ)らくる La-Coo(ラクー)
  TA-FLW900
  価格オープン
  URL:http://www.toshiba.co.jp/living/irons/index_j.htm

細かな部分まで徹底プレス
細かな部分まで徹底プレス
細かな部分まで徹底プレス
かけ面は、前後に動かせる東芝独自の形状を採用。一枚板の形状で、前方の先端部はボタンの周辺など、細かな場所も入り込んでしっかりプレスできる。一方後方の先端部は傾斜がつけられているので、プリーツやフリルなどポイントを立体的にプレス。

細かな部分まで徹底プレス
超パワフルな局所スチーム
アイロンがけをしながらじわじわとスチームを発生する、通常のスチーム運転のほか、パワー全開で発揮するのが“スチームショット”。「集中」と「全面」から選べ、「集中」なら見ての通りの勢い、量でスチームを発生。衣類のニオイ除去にも活躍する。スチーム持続時間は最長約260秒。