#272 雨ニモマケズ、風ニモマケナイ そんなライディングウエア(の似合うライダー)に私はなりたい

文/サクライダー(バイク歴32年。モノ・マガジン編集部)

moweb

ユーロブランドの誕生20周年を記念して行なわれたパーティーにお邪魔してきた。

バイク乗りだったら、誰もがいちどは袖を通してみたいジャケット。
それがゴールドウインのライディングブランド「ユーロ(Euro)」。

いまから20年前にスタートしたユーロは、全天候型のライディングウエアとして開発。
このころ日本のライディングウエアといえば、革の上下かアウトドアウエアの流用で雨が降ればこれに合羽を重ね着するような時代。タフなコーデュラ素材にゴアテックスで雨風とムレ対策を施し、セーフティとスタイリッシュなデザインで仕立てられたユーロのライディングウエアの登場は、まさに衝撃的だった。

 先日、そんなユーロブランドの誕生20周年を記念して行なわれたパーティーにお邪魔してきた。場所は山梨県にあるサンメドウズ清里。晴れれば南アルプスが望める高ロケーションだが、ここでパーティを行なうにはもちろん意味がある。それはライダーが愛車でやってきて、実際にユーロの最新モデルを着用してもらうため。つまり、ツーリングの目的地であり、ユーロのリアルな試着体験イベント、というわけ。

会場には、すべての最新モデルのほか、歴代ユーロも展示。なんとこちらのアーカイブはゴールドウインの倉庫から引っ張り出してきた資料、ではなく私物。つまり、ユーザーからの貸し出し品だ。どれも驚くほど手入れが行き届いていて、あまりにキレイなので「マニアックな方のコレクションですか?」と聞くと、「何人かのユーザーさんにご協力いただいてお借りしたものです。作ったこちらも驚くほど大事に使っていらっしゃるので嬉しくなります。しかもすべて現役」とのこと。

ユーロが単なるライディングウエアではなく、ライダーにとっての「ブランド」とされているのは作り手と使い手のこんな関係があるからだ。なかには、毎週ツーリングに出ているけれど今週はツーリングに行かれないから、と10年選手を送ってくれたユーザーさんも。

上下で購入すれば軽く20万円オーバーとなるライディングウエア「ユーロ」。これを高いとみるか、そうではないかを判断するのは人それぞれだろう。けれど、季節にも天候にも言いわけせず10年、20年をともに過ごせるウエアがあるとしたら、これはもしかしてバイク選びよりも劇的な出会いになるかもしれない。ちょっと大げさかもしれないけれど、そんなことさえ考えさせられるブランド、それが「ユーロ」なのだ。
 
※本ページ掲載の写真は、クリックすると拡大してご覧いただけます。

クラシックなデザインにコーデュラ&ゴアテックス
10月28日(金)はおもにプレス関係者が参加。この日はあいにくの天候だったが、バイク雑誌のレポーターはどしゃ降りの中、愛車でのユーロ体験を楽しんでいた様子。ヘタレなサクライダーは体調不良のため、試走はパス。パーティー会場内で新作モデルを次々と試着してイメトレ。特に気になったのがクラシックなデザインにコーデュラ&ゴアテックス、それに肩、肘、膝のプロテクターを標準装備する「Euro クラシックジャケット(価格9万1800円)」。

ライディングテクニックセミナーも開催
翌日29日(土)は雨がやみ、「ユーロ」生みの親である福田斎氏と80年代を知るライダーにとってのヒーローにして元ヤマハGPライダー、平忠彦氏らのライディングテクニックセミナーも開催。ちなみに平氏も熱心なユーロユーザー。その縁もあって今回のイベントのスペシャルゲストに。平さん、サインありがとうございます!

ードマスター ジャケット 20th LIMITED EDITION
ユーロシリーズのハイグレードモデル「ロードマスター ジャケット」をベースにゴールドファスナーや刺繍をあしらい、特製ハンガーやバッグを付属した20周年記念モデル「ロードマスター ジャケット 20th LIMITED EDITION」。価格15万6600円。

ずらり並んだ歴代「ユーロ」シリーズ。すべて実際のユーザーさんの協力で貸し出されたもの。
ずらり並んだ歴代「ユーロ」シリーズ。すべて実際のユーザーさんの協力で貸し出されたもの。ユーロユーザーを対象としたファンクラブともいうべき「Euro CLUB」もあり、現在約280名の会員がいるという。ユーザー同士の交流のほか、最新モデルをいち早く体験できる展示会や試走会のほか、ライディングやツーリングに関わるトレーニングも行なわれる。
詳しくはHP → http://www.gw-euroclub.jp

●お問い合わせ
ゴールドウイン カスタマーサービスセンター
☎0120-307-560
http://www.goldwin.co.jp/gw/motorcycle/