#256 ちいさな喜びが得られる場所

写真/三部正博 
文/松崎薫子(モノ・マガジン編集部)

moweb

main

7月15日に、ミナ ペルホネンの新店が、東京・青山のスパイラルビル5階にオープンしました。

お店の名前は「call」。

私たちの生活にあると心地よいと思うものが集められたセレクトショップです。ミナ ペルホネンの洋服やメーター売りのテキスタイル、キッズアイテムなどミナ ペルホネンブランドに加え、世界の選りすぐりアイテムが揃います。ネジも溶接も使わずすべて手作りされたヴェネチアの眼鏡や、リチャード ジノリの白磁に特別に手描きされた藍の色が美しい器、ミナ ペルホネンの生地が張られたフリッツ・ハンセンのドロップチェアなどなど。日本からも辻和美さんの手拭きガラスやジャンデリア、三谷龍二さんによるアート作品や暮らしのための道具などどれも素晴らしく、丁寧なモノづくりが感じられるものばかり。

また店の一角にはカフェ「家と庭」が併設されており、ミナ ペルホネンのスタンダード柄であるタンバリン柄の器で食事がいただけます。新鮮な食材を使用したスープやコーヒーのこだわりはもちろん、食材を無駄にせぬようつくられた「おまけのおかず」など、優しさが随所にあふれているのが特長。椅子はアルテックの名作ドムスチェア。ちょこんとしたアームがなんとも心地よい。晴れていたらテラスでゆったり過ごすのも良さそうです。カフェで出される、日本各地から届く新鮮な野菜の一部はお店で購入もできるほか、厳選された調味料など、生活まわりのありとあらゆるものが揃うお店となっています。

そしてもうひとつ、私がほっこり和み、とてもいいなと思ったのがスタッフの年齢構成です。20代から80代の男女のスタッフにより運営。アットホームな空気がここにはあり、人生経験豊富なスタッフとの会話も楽しみのひとつになりそうです。

そうそう、店舗デザインはランドスケーププロダクツ。代表の中原慎一郎さんは、皆川さんとカリフォルニアを一緒に旅しながら、この空間の構想を練ったといいます。床や壁などもぜひチェックしてください。

ここにくると、新しい発見や感動が得られると確信! 女性はもちろん、目の肥えたモノマガ読者や家族連れの方もぜひ一度足を運んでみて。

※本ページ掲載の写真は、クリックすると拡大してご覧いただけます。

img001ミナ ペルホネンの生地を計り売りしています。

img002-1img002-2●Food&Drink Photo/Kaoruko Matsuzaki
カフェ「家と庭」が併設。

img003日本各地から届く新鮮で安全な野菜や調味料も販売。

img004「call」
住所/東京都港区南青山5-6-23 (SPIRAL5階)
電話番号/03-6825-3733
営業時間/11:00~20:00(カフェL.O.19:30)
定休日/無休 ただし8月15、16、17日はビル休館につき休業
www.mp-call.jp