【mo.web番外編】レッドブル・エアレース 千葉2016で日本の室屋義秀が初優勝の快挙!

写真/Red Bull Content Pool 文/mono online

RED BULLエアショー

Red Bull Air Race World Championship(レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップ)2016の第3戦決勝が6月5日(日)千葉市幕張海浜公園で行われ、アジアから唯一参加した室屋義秀(43歳)がみごとに念願の優勝を果たした。

 
Red Bull Air Raceは空のF1とも呼ばれる飛行機のレース。高さ25mのパイロンで構成されたレース空間を最高時速370kmで周回し、飛行タイムを競う競技だ。World Championshipの最高峰、マスタークラスには14名の精鋭パイロットが参加し、トーナメント方式でまず8名を選抜(Round of 14)。そこからさらに4名に絞られて(Final 8)、最終的に4名のフライト(Final 4)で優勝が決まる。

レッドブルエアレース千葉2016

 
強風と高波で4日(土)の予選が中止になる中、今シーズン序盤の2戦を終えて総合11位の室屋はランキング上位の選手との対戦を強いられる不利な条件での飛行となった。しかしながら、積極的な攻めで勝ち進みFinal 4では4人のうちただ一人、1分4秒台をマークして、表彰台のTOPに立った。「操縦技術世界一を目指して25年。地元開催の期待の中、やっと優勝できた」と涙を見せた室屋の姿に観客からは大きな拍手が贈られた。

レッドブルエアレース千葉2016

 
Red Bull Air Race World Championshipは世界8カ所を転戦し、その様子はテレビや雑誌、インターネットなどを通じて数億人が視聴するというレースだが、日本での知名度はまだそれほど高くない。スタート地点での飛行速度に制限があったり、飛行時の最大重力加速度が10G以下に制限されるなど複雑なルールはあるものの、世界トップクラスのパイロットたちが知力、体力、技術の限りを尽くして飛行する姿は誰が観ても楽しめる。今回の千葉大会の模様は6月11日(土)NHK BS1で午後1:00~2:50まで放映される予定なので、パイロットたちの勇士をぜひ見てほしい。