[#216]手前ミリ!

文/桜井靖人(モノ・マガジン編集部)

moweb

main

弊社発行のミリタリー専門誌「COMBAT」。
こちらに連載されている人気企画をまとめたMOOK。その第2弾が発売されます。
その名も「米軍完全装備カタログ 海兵隊編」

世界で一番リッチ、といわれる軍隊の装備は拳銃にヘルメット、
レーション(食事)にウェアまで、すべてにおいて最新にして最良のモノが採用されています。
つまり、米軍の最新装備を見ればミリタリーのトレンドが見えてくるのですね。

特筆すべきは誌面に登場する装備アイテムのほとんどが「実物」である、ということ。
もちろん銃器関係はトイガンですが、それ以外の装備品は米軍に納入されたモノの使用済み、サープラス(払下げ品)かデッドストック。そのこだわりの底なし沼ぶりがすごい、とミリタリーファンに熱狂的に支持されている企画です。

ミリタリーに興味のない方でも、ダナーブランドの海兵隊向けモデルやパタゴニアのパーカー、オークリーのアイウエアなど、おなじみのあのブランドの、もうひとつのモノ作りを確認できたりするのも本書の面白さ。
ミリタリーファンやリエナクター(コスチュームや装備で歴史を再現する人)オンリーでなく、ファッション業界、アウトドア方面の方々にも使える貴重な資料というわけです。

案内人は20年以上にわたって、米軍装備を収集してきたコレクター松原隆氏。
陸・海・空軍。普通の部隊に支給される装備だけでなく、特殊部隊向けの試作品や実際に作戦で使われたアイテムなどもストックする膨大なコレクションは世界でも屈指。
その中でも今回、熱狂的なファンの多いことで知られる海兵隊モノを中心に据えてのMOOK化。

巷では、サバゲフィールドでの女子の活躍が話題ですが、やっぱミリタリーは俺たちのモノ! 
ということで、女子にBB弾をしこたまくらっても、こだわりの完全装備で跳ね返すのだ!!

Oorah!(ウーラー※海兵隊の(やってやるぞ! 的な)掛け声です)

img001そして、今週の木曜日に海兵隊編、2400円(税込)発売です。

img0023月に発売され、すでに在庫僅少の「米軍完全装備カタログ」。第1弾では陸・海・空軍の特殊部隊をメインに取り上げました。