[#168] 2014年、マクドナルドはどーなるど?

写真/北原薫 文/関谷和久 (モノ・マガジン編集部)

moweb

168_01

2013年クリスマスのこの日、マクドナルドの2014年新作発表会が開催された。

21世紀の10年を様々なトピックで彩ってきた原田前社長に続く現社長サラ・カサノバさんの登場、さらには新メニュー試食もあって記者会場はざわざわ落ち着かない雰囲気。ちょっとお祭が始まる前に似ている。

本日の発表会のメインは、新年1月7日より期間限定でスタートする「アメリカンヴィンテージキャンペーン」だ。これは、古き良き時代のアメリカをコンセプトとしたもので、1955年にシカゴで産声を上げ、以来およそ60年の月日を走り続けてきたマクドナルドならではの≪アメリカとマクドナルドの歴史を踏まえた≫キャンペーンといえる。

内容は50年代/アメリカンダイナー、70年代/ソウルフル、80年代ポップカルチャーの3カテゴリーで、それぞれ1月7日~1月下旬、1月下旬~2月中旬、2月中旬~3月上旬までの展開となり、提供されるハンバーガーは、ビーフとチキンの2品種ずつ、計6品種が登場する予定だ。

では本日実食の機会を得た第1弾の2品について報告しよう。

1月7日からの「50年代/アメリカンダイナー」では、「ダイナー ダブルビーフ」と「ダイナー ハニーマスタード」が登場。前者はその名の通り100%ビーフパティを2枚挟み込んだボリュームたっぷりなメニューで、他にチーズ、フライドエッグ、オニオン、それにブラックペッパーとローストガーリックが効いているシカゴスタイルステーキソースを合わせることでご馳走感を演出。専用のノスタルジックなイラストのパッケージを開き、しずしずと持ち上げると、ずしっと重い。なるほど、こりゃガッツある。

168_02
頬張る。
口を大きく開き上下のバンズを一気に挟む。ステーキソースのスパイシーさが味覚と嗅覚を襲撃する。ウマッ、カラッ、そしてじんわりアマっ。とまあ、けっこう複雑な味わいで、表情がくるくる変わる猫みたいなバーガーといえようか。食べ終わるとエネルギー満点って感じだ。これ食べたら午後はたっぷり働け! ちょっとカロリーが気になるぞ!

次いで「ダイナー ハニーマスタード」。

1368_03
全粒粉を使用しクラシカルな口当たりや味わいを再現したバンズは同じながら、メインディッシュはカラッと揚げたサクサクチキンで、クリスピーな歯ごたえがとても爽快だ。テイストの決め手はマスタードとはちみつを合わせたハニーマスタードソース。先のダブルビーフと比べるとはちみつのせいかマスタードもほんのりやわらかで、スパイシーというよりはチキンのジューシーさとスウィートな味わいが勝る印象。ほかに厚手のグリルベーコンとレタス、チェダーチーズを挟んで味わいの奥行きを出している。チキンらしくオイルは控えめな感じで、少しくらい冷めてもおいしく頂けそうだ。レタスのフレッシュさが好印象だったので、もう少し量があったらいいなと思った。

価格は単品では370~410円となり、バリューセットや、同時新登場となるクラシックフライとのセットなども設定される。

今回の記者発表会でカサノバ社長がたびたび口にしていた言葉が、2014年はマクドナルドならではの強みを生かした取り組みをして成果を出す、ということ。

それはブレックファスト、ファミリー、ドライブスルーや、ビッグマック、マックシェイク、チキンマックナゲットといったコア(核)メニューのさらなる訴求であり、およそ60年の歴史と伝統を生かすことであり、 それらをひっくるめて商品化しユーザーの目や、舌を奪うことであろう。つい先だって2013年度売り上げ目標の再度の下方修正を行ったマクドナルド。競合他社との競争、コンビニの台頭、中食などライフスタイルの変化・多様化など課題はたくさんあるものの、要するに、マクドナルドがマクドナルドたる魅力を深堀りして徹底的に訴求していくぞ! と、そういう宣言だと受け取った。カサノバ社長、ガッツありそうである。

なお「アメリカンヴィンテージキャンペーン」開幕となる2014年1月7日には、六本木ヒルズ店をアメリカンヴィンテージフラッグシップ店として位置づけ、キャンペーンのコンセプトに合わせて、特別な店舗装飾や米国本社から取り寄せたマクドナルド開業時のアンティーク品など、ここでしか見ることができないような貴重なグッズの展示もするという。マクドナルドファンはもとより、アンティーク雑貨好きにも見逃せないショップとなりそうだ。ここで一句!

振り袖に マックでお食事 松の内

168_04
カサノバ社長登壇。ちょっとランナウェイズのジョーン・ジェットみたいな、あるいはNWOBHMみたいな独特な雰囲気をもった方と類推する。

168_05
「ダイナー ダブルビーフ」(写真左)と「ダイナー ハニーマスタード」(写真右)。

168_06
手前が「ダイナー ハニーマスタード」。

168_07
2014年1月7日「アメリカンヴィンテージキャンペーン」開幕。フラッグシップ店となるのは六本木ヒルズ店。場所は六本木ヒルズクロスポイントの1・2階。住所は東京都港区六本木6-3-1。