[#155] 二つ折りの革財布を開けると、まるでハンモック!

文/関谷和久(モノマガジン編集部)

155_01

これがウワサのハンモック構造だ。コイン収納部がまるでハンモックのように飛び出す!

手のひらサイズのコンパクトな二つ折り革財布を広げると、コイン収納部がまるでハンモックのように浮き上がる、超個性的な革財布、その名も『ハンモックウォレット』。

モノ・マガジンが早くから注目してきた『ハンモックウォレット』にモノマガ限定カラーがついに登場! 

いま発売中のモノ・マガジン10月2日号の巻頭で詳しく紹介しているが、まだ知られていないようなので、ブログでもしつこく紹介するぞ。

この『ハンモックウォレット』、今までにない構造を持っており、コイン、お札、カードがひと目でわかる視認性、そして見た目からは想像ができない大きな収納力が特徴だ。

一般的なメンズの二つ折り革財布といえば、たくさん収納するため、ポケットや間仕切りを多く設けているが、その分、厚みが増して見た目もかっこ悪くなる。

その点、『ハンモックウォレット』は、カードポケットのある本体とコイン収納部の2つのパーツで構成されており(つまり、必要最低限のパーツで構成されている)、まったく無駄がない。

これでお札やカードまで入るっていうんだから驚き。まさにコンパクトさと使いやすさと収納力を同時に実現しているという、既成概念を超えた財布なのだ。モノ・ショップで10月15日まで期間限定で受注中!!

※こちらの商品の販売は終了しました。

155_02
モノ・マガジン限定カラー ハンモックウォレット 価格1万2600円。
【問】mono shop ℡03-5385-5801

155_03
幅82×奥行19×高さ93mmのコンパクトサイズにコイン20~30枚、お札10枚、カード4~6枚収納可能で、この薄さを実現。東京下町の職人の手作りだ。

155_04
コインは上下左右から取り出し可能。一望できるので財布を覗き込んで探す手間が省ける。もちろん、コインが落下することはない。

155_05
カード収納部は少し大き目に作られているので出し入れはスムーズ。名刺や鍵、お守りも入れておくことができる。