[#138] 中村好文展『小屋においでよ!』に行きました

文/松崎薫子(モノ・マガジン編集部)

138_01小屋。もう10数年も前のちょうど入社してまもないころ、ロンドン出張が決まった私に社長から『小屋の力』という本をつくるから、バーナード・ショーの回転する小屋を探して写真を撮るようにと指令がありました。まだネットで情報もでておらず、どこの場所にあるのかもわからない状態。ひとまずロンドンの観光課を訪ねたのを覚えています。

フォトグラファーの熊谷とともにクルマで行き、回転小屋を見つけた時は本当にうれしくて。そこには、光を絶妙に取り込むためにそうしたのであろう、“回転する”小屋がありました。シンプルでなんと美しいこと。夕焼けの光を浴びる回転小屋を楽しみました。そんなことを思い出しながら、中村好文さんの展覧会へ。

中村さんは、私がもっとも好きな建築家です。奇抜なものやカッコいいオシャレなものという視点じゃなく、人が暮らしやすい家を作っている中村さん。「人のくらし」や「人のすまい」に関心があるといいます。また、住宅の原型は小屋にあるともおっしゃっています。今回はそんな小屋へ捧げるオマージュの展覧会だそう。

注目は中庭のひとり暮らしのための究極小屋の展示。

ひとつひとつのディテールの美しさ、光や風の入り方、考えられた配置、経年変化を楽しめそうな素材。どれをとっても素晴らしいのです。狭小なのにとってもとっても豊かなのです。

こんな風に住めたらなぁ。自分の住まいを考えるうえで、またひとついいキッカケをいただきました。

6月22日までです。本当の豊かさを感じにぜひ行ってほしい展覧会です。

138_02138_03138_04138_05中村好文展
小屋においでよ!

2013年4月17日~6月22日
会場:TOTO GALLERY・MA
開館時間:11時~18時(金曜日のみ19時まで)
休館日:日曜・月曜・祝日
入場無料
http://www.toto.co.jp/gallerma/

©Nacasa & Partners Inc.