[#108] これは紛れもなく究極のバスタオル!

文/松崎薫子(モノ・マガジン編集部)
写真/熊谷義久(WPP)

moweb

main

バスタオルはバラバラではなく揃えるのが美しい。色柄が揃っていたり、ブランドやサイズが同じだったり。そうすると収納されている状態がとてもキレイなのだ。

私は、いろいろなタオルを試したいので、白~生成りの色で揃えている。毎日使うものだから、納得のいく良いものを使いたいって思う。編集の血がさわぐのか、いろんなタオルを細かく採点している(笑)。

私が考える良いタオルとは、
①肌への感触がよいこと
②吸水性がよいこと
③洗濯機で洗ったあと、パイルが寝てしまってゴワゴワしないこと
④凝ったデザインではなく、普通であること
⑤納得のいく値段であること
などが挙げられる。

これらを満たすバスタオルがコレ。なんといっても、肌触りの良さが最高である。使えば使うほど肌への吸いつき感が良くなるのだ。ふわっとした風合いは、きっと素材そのものによるところが大きいのだろう。

使用している綿花は、アメリカニューメキシコ州エルパソにある農場で栽培されるオーガニックコットン100%。アメリカンコットンのスーピマ綿をベースに、染色も仕上げの漂白剤もいっさい使っていない。無蛍光、無漂白、無染色なので、綿花本来の色である白綿、茶綿、緑綿の3色展開というこだわりよう。身体に優しいだけでなく、自然にも環境にも優しいタオルなのだ。

多少高額だが、これなら納得。肌に直接触れ、しかも毎日使うものだからこそ、質の良いものを選びたい。ぜひお試しを。

img001

img002

img003
愛媛県今治産の日本製である。

●THE BATH TOWEL
オーガニックコットン100%
W140×L70cm
価格6300円
【問】CHEZ’ NOUS SURF DESIGN

℡078-891-4130