[#83]ご存知ですか? 初回生産分“たった1日で”即売り切れの「コラボペンケース」

写真と文・モノマガ男/モノ・マガジン編集部

moweb

main必要な文具を美しく収納するコラボペンケース。


モノマガ読者にはすっかりおなじみの「モノマガコラボグッズプロジェクト」。第何弾かもうわからなくなっちゃったけど、3月2日発売開始の「モノ・マガジン×犬印鞄製作所★コラボペンケース」が大爆発した!

なんしろ、たった1日で初回生産分完売。第2期生産分も予約で埋まっちゃった……というなんとも皆様にはご迷惑をおかけしているのである。もちろん本製品は限定生産ではないので、少しお待ちいただければすべてのみなさまのお手元にお届けできる。どうぞゴカンベンを。

で、現物はこれである。(写真をごらんあれ)

こうしたロールタイプのペンケースは昔からあるし、また革、ファブリック、ケミカルと素材も多種多様、店頭にはたくさん並んでいるけれど、コラボペンケースの特長は、その巻き方にある。

全体が4つ折で、その両翼をそれぞれ内側に巻き込む、モノマガ男命名するところの「ガルウィングタイプ」なのである・・・ちょっと違うけど、そういう感じだ。この畳み方のメリットは、両翼部が中心でクッションの役目を果たすため左右のペン同士が直接当たることがなく、また巻き上げた形状が優しい円型を作り上げる点にある。

img004すべて収納した状態。右側のホルダーは普通サイズ、左側は少し太めのペン軸に対応するサイズだ。

ディテールの作り込みや個性、仕上げの温かみはさすが「メイド・イン・浅草」の犬印鞄製作所ならではのクオリティだ。ほかではなかなか見かけることはない(だろう)このコラボペンケース、ぜひキミの新たなる文具入れの候補に挙げてほしい。そしてお求めいただけたら、なお嬉しい。今のうちから予算計上を!

なお「現物を手にとって見られる場所がほしい!」とのご要望にお応えし、浅草の「犬印鞄製作所 浅草一丁目店」にてペンケース2色を展示することとした。

東京スカイツリー見学がてら、観光客でにぎわう春の浅草に出かけて見てはどうだろう。最寄り駅は地下鉄銀座線浅草駅、もしくは田原町駅だ。

場所はこちらで確認を。
犬印鞄製作所
℡03-3844-5377
営業時間9:30~19:00
年中無休

価格2940円(お得です! 絶対)。
カラーは「オールブラック」と「山吹色×ネイビー」の2色展開。
詳細とお申し込みは、モノ・マガジン公式通販サイト「モノショップ」まで。

※こちらの商品は完売いたしました!

img001コンパクトに収納。鞄の中でもかさばらない!

img005巻くとこのように美しく丸型となる。

img002こちらは普通サイズのホルダー。左側には万年筆、多色ペンなど多少軸の太いペンにも対応するホルダーを2本分設けた。

img006両袖には名刺、ポストイットなど薄手のものがぴたり収納可能。

img003ストラップの留め具にはジッパーの持ち手を採用。