[#82]繋がる戦場

文・小川太市/モノ・マガジン編集部

moweb

main

先日、ゲーム会社カプコンさんにお邪魔してきた。カプコンさんといえば『バイオハザード』や『モンスターハンター』など、人気ゲームを続々と輩出するゲーム業界のリーディングカンパニーである。旧知のスタッフさんから「モノ凄い新作を見せてあげるからウチに来てみない?」と誘われ、期待に胸ふくらませてお伺いしてきたのである。

通された会議室で目撃したのは、画面に向かって腕を右へ左へ、上へ下へとふり回しているひとりの男性……”彼はナニ者なんですか。一体、ナニしてるんですか。”という疑問を見透かしたかのように、同席した広報スタッフが「彼が新作タイトル『重鉄騎』の担当プロデューサーです。今日は彼がデモプレイをしながらご紹介します」とコメント。

この『重鉄騎』というゲームをざっくり説明すると、未来の地球を舞台にした架空戦場ゲームで、アジアの大国を中心とした国連軍に支配されたアメリカ。自由と正義を取り戻すため、第二の独立戦争が始まる……というストーリー。プレイヤーは主人公のアメリカ軍所属パワーズ軍曹として戦闘マシン・鉄騎に乗り込み、戦場を駆け巡ることになる。と、ここまでだと他の戦争ゲームと何処が違うの?と聞かれそうだが、何処がモノ凄いかはプレイすると一目で分かるらしい。

「じゃあ実際にお見せしましょう!」とゲームを開始してくれたプロデューサーの片岡さん。舞台は占領された東海岸に上陸作戦を敢行するところから始まる。激しい上陸戦のさ中、接岸した揚陸艦から鉄騎は出撃する。鉄騎は二足歩行型の戦車みたいなマシン。内部には主人公以外に砲手などが乗り込んでいる。プレイヤーはコクピット視点で鉄騎を動かし、あるいは砲撃や銃撃を行なって敵と戦うことになる。

「上陸するために、まずはエンジンをかけますね」。と片岡氏。コントローラーを操作するかとおもいきや、何故か画面に向かって手をかざしている。「アレ、チョットカタオカさん…」。戸惑う記者を気にすることなく画面に映し出されたレバーを引く動作をする。途端に響き渡る重低音のエンジンサウンド。

そう、実はこのゲームはカプコン初となるKINECT専用ゲームとなっており、プレイヤーの動作がゲーム上に反映される仕組みとなっている。ちなみにKINECT(キネクト)とはセンサーで人の動きを感知、ゲームに連動させるXbox 360独自のシステムである。他にも片岡氏はコンソールパネルを押して徹甲弾と榴弾の切り替えや、立ち上がるとハッチが開く…etcなんていう動作を見せてくれるのだ。

これはかなり画期的なことで、傍目から見ても本当にマシンを操作しているかように見える。「今回のゲームで目指したのは戦場のリアル感、さらにプレイヤーの没入感の演出です」と語る片岡氏。よくある話だが”映画でもゲームでも、リアルに描いています”。と聞く度に、そのリアルさの根拠は? とツッコミたくなる時があるのだが、今回のゲームはちと違う。映像の作り込みもさることながら、「押す」「開ける」「引く」「殴る」…などのアナログ的な動作を主人公とプレイヤーが共有することでぐぐっとリアルさは増しているのだ。

ステージを進めれば、戦場から逃げ出そうとする部下を殴りつけたり、ミッションクリア後に戦友と握手したりなんていう、ニヤリとする場面も。もちろん、これもKINECTによってプレイヤーの動作と画面がシンクロしており、戦場らしい人間臭いやりとりを体感できるのである。迫力がある、綺麗、なんていうのは当たり前、ここまでゲームは進化しているんだと教えられるデモプレイであった。「流石はカプコン!こだわっているな~」と唸らせる出来栄えで、旧知のスタッフがモノ凄い!と推薦したくれただけはあった。

ちなみにこだわりといえば、片岡プロデューサーが着込んでいたジャケットもモノマガ的には気なる所。これは主人公と同じカラー&デザインで作ったオリジナルのUSARMYタンカーズジャケットだ。「実は上下で揃えてます」というのもいかにも同社らしいこだわり。パッチがしっかり実戦向きのベルクロ対応になっているのが面白い。(米軍の場合、パッチは捕虜になった時など、所属部隊などが明らかになるので実戦の出撃時には全て取外す。その為、すぐに着脱できるようにベルクロにしてあるのだ)。

フライトジャケットと違い、タンカーズジャケットにはパッチの取り付けにも決まりがあり、左肩の付け根1/2インチに付ける等のルールもあるが、目測で見た所、その辺もきっちりしているように見うけられた。同社のこだわりが詰まった『重鉄騎』は製品発売に向けて内容を詰め、年内には発売予定とのこと。詳しくは同社サイトや、超一流ゲーム雑誌さんなどをチェックして欲しい。

img001img002img003img004今回、デモプレイを披露してくれた重鉄騎プロデューサーの片岡謙治さん。

img005img007img008タイトル/重鉄騎
仕様/Xbox 360【KINECT専用】
発売日/未定、価格/未定
www.capcom.co.jp/jutekki/

1aBLJM60409.KK1Aimg010img006常に魅力的なタイトルをリリースするカプコン。最近で気になるタイトルは『ASURAS WRATH(アスラズ ラース)』だ。圧倒的なスケールで展開されるアクションゲームで、神々の壮絶なバトルを迫力ある映像で楽しめる。価格6990円