[#81]雨の日曜日、マラニック初体験!

文・関谷和久/モノ・マガジン編集部
写真・逢坂聡

moweb

mainシトシト雨が降る皇居を走る。道路や景観が整備されており、見晴らしは最高! これで晴れていればな~。


今週末はいよいよ東京マラソンですね。今回もテレビ観戦ですが、来年こそは出場したいなぁとぼんやり思っている週末ランナーです(その前にエントリー申し込めよ!)。

さて、“マラニック”という言葉を知っていますか? マラソンとピクニックをあわせた造語で、聞きなれない人もいると思いますが、けっこう前から使われていた言葉だそうです。

距離は長くて数百キロから短いもので数十キロ、ロードからトレイルまでさまざまな場所で行われ、内容も観光しながらとか、グルメスポットの食べ歩き(走り!?)とかさまざま。とにかく長い距離をゆっくり楽しく走ろうというのがマラニックなのだ。

というわけで、先日行われたオッシュマンズ主催のマラニックのイベントに行ってきました。

今回のマラニックは、東京マラソン前に同じコースを半分走ってみようというもの。東京都庁から日比谷公園を通って、最終的にオッシュマンズ原宿店まで約19kmを約4時間かけて走ります。参加者は30名ほど。当日は霧雨の中、心が折れそうになるのをぐっと堪えて都庁前をスタート。

だいたいキロ7~8分というゆっくりペースで走っていく。都内を走ることってあまりないので、かなり新鮮。途中、日比谷公園で休憩を挟みつつ、東京マラソンのコースをはずれ、東京タワー方面へ。さらに麻布十番から六本木ヒルズのけやき坂を通って、青山霊園で二度目の休憩。その後、ゴールであるオッシュマンズ原宿店に至った。

風景をみたり、一緒に走った人と会話したりしながら走ったので、ほとんど疲労感がなかった。これでゴールが銭湯だったら最高だな~なんて思いながら電車で帰途に着きました。今発売しているモノ・マガジン3月2日号「ランニングギア特集」にもリポートが載っているので、あわせてご覧になってください!

img001六本木ヒルズのけやき坂をラン! いつもの江戸川河川敷とは違った都会的な空間にキョロキョロ。

img002ゴール! 左は一緒に走ったライターの片山さん。余裕の走りっぷりでした。撮影の逢坂カメラマンもお疲れ様でした!