[#60]続きを観たい誘惑に勝てるか!?

文・宮崎晋之介/モノ・マガジン編集部

moweb

main

ついに上陸! アメリカで人気の動画サービス「Hulu」が、ついに日本でもサービス開始されることとなった。本国アメリカ以外では日本が初めての上陸(サービス開始)国。

このHuluの特徴は、なんといっても月額1480円ですべてのコンテンツが見放題ということ。今までの多くの動画サービスの多くはコンテンツごとの課金制。しかし、こちらは「1週間不眠不休で『24』シーズン1~7までイッキ観」なんてことをやっても(健康的におススメはしませんが)、1480円。

そしてさまざまな端末で楽しめるのも特徴だ。家にいるときはテレビやデスクトップPCの大画面で観て、通勤時には続きをスマートフォンで、カフェではiPadなどのタブレットで、なんて楽しみができる。ネット経由で直接ストリーミングする形式なので、前もってダウンロードしたり、家でスマホとPCをつないで転送したりする必要は全くない。どこまで視聴したか記憶してくれるから、外出時にスマホに観る時は、昨日テレビで観たところの続きからスムーズに観始められる。

肝心のコンテンツは、ハリウッドの人気作やアメリカで人気の連続ドラマなどが中心。今後は日本製のコンテンツなども、ユーザーの意向によって増やしていく予定だ。

こんなサービスが実現したのも、家やカフェではWi-Fi、移動中でも3GやWimaxなど、日本の通信環境が整っていているからこそ。難点は移動中の地下鉄など、電波が届かないところでは視聴不可能なところだが、これはストリーミングサービスの宿命。それを補ってもこの手軽さはクセになる。

気をつけないと、ついついこっそり仕事中にドラマの続きをスマホで観たくなっちゃうかも…。私もあくまで「原稿を書くため」登録をしてみたところ、なかなか仕事に戻れなくなってしまいました…。

画質は、最近の映画は最大720Pのハイビジョン、テレビは480Pと全画面で楽しむのに充分なサイズ。スマートフォンでは通信状況にあわせて最適な速度でのストリーミングに調整してくれる。

まだまだ色々言い足りないこともあるような気がするけど、詳しく9月28に発売の「モノ・デジタル」No.4で掲載の、日本上陸に合わせ来日したHuluのジェイソン・カイラー(Jason Kilar)CEOのインタビューにて!(ちょっと宣伝、すみません)。

今、登録して1ヶ月は無料で好きなだけ観られるキャンペーンを実施中。なので、まずはhttp://www.hulu.jp/ にて、登録してみよう。

img0019月2日の発表会に合わせて来日したHuluのCEO、ジェイソン・カイラー(Jason Kilar)氏。Huluのウェブデザインなどには、日本の影響を多大にうけているとか。

img002ゲストのタレント森泉さんも、アメリカ在住時にはお気に入りのサービスだったそう(米国版)。色々な端末で観られる便利さにいたく感心。

img003img004img005PC、Mac、スマートフォンやiPad以外にも、プレイステーション3やXbox360やアンドロイドタブレット、パナソニックやソニーのテレビやBDレコーダー(一部機種)にも今後は対応していく予定だ。