[#41]いつの間にかお花見の季節ですが……。

文・JP/モノ・マガジン編集部

moweb

main『モノマガ×ロゴス』 ソトメシ×焚き火おまかせパッケージ(※こちらの商品は完売いたしました!)


東日本大震災におきまして、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

3月11日からもうすぐ一ヶ月が過ぎようとしていますが、被災地でも、被災地以外でも、日常が戻ってきたとは言いがたい状況です。こういう状況で何ができるのか、ひとり一人の行動が問われているような毎日ですが、モノ・マガジンという雑誌を作る一員として、できることを探して行こうと思っています。

東京はいつの間にか春になり、もうサクラが満開に近いです。先週末は、まだ五分咲き程度で冬が戻ったような寒さでしたが、それでも花見を楽しむ方を何人か見かけました。「それどころではない」という意見も聞かれますが、沈滞した気分を振り払うためにも、昼間の間だけでもお花見を楽しんでもいいのではないでしょうか? 今週末はちょっと天気が心配ですが、私も久々の「春」を楽しみに花見をしようと思っています。

さて、モノ・マガジン最新号(4-16号)でも紹介させてもらいましたが、ただいまモノ・マガジン特設ウェブサイト「mono shop」では、日本のアウトドアメーカー「ロゴス」とのタッグを組みアウトドアギアセットを販売しております。
 
実はこのセットはシリーズでして、前回は昨年末、弊誌別冊アウトドアムック「モノ・スタイル アウトドア」と「ロゴス」のコラボとして第一弾をリリースしました。キャンプオフシーズンにも関わらず、たくさんの方にオーダーいただきました。そして、その人気に応えて第2弾を、今回は「モノマガ×ロゴス」でリリースした次第です。

このシリーズのポイントは何と言っても「リーズナブル」であること。膨大にあるロゴス製品の中から、編集部が「いま欲しいモノ」をいくつかピックアップし、破格のお値段でご提供します。今回はなんと9800円也。1万円以下まで抑えました。

キャンプに欠かせない「ソトメシ」と「焚き火」というテーマを追求した4点セットです。まず軽量で超コンパクト収納が可能な「ピラミッドグリル」。焚き火もBBQもこなせる万能ギア! 

次は鋳鉄製の「スキレットパン」。キャンプ料理と言えばダッチオーブン料理だけれども、このセットでは変化球の四角いかたち。フライパンとしても、オーブンとしても使える優れもの。ピザでもステーキでも、ソース料理でもおまかせです。

そして極厚アルミホイルも見逃せません。通常アルミホイルの3倍の厚さでアウトドア仕様のタフなヤツ。最後はお馴染み「エココロゴス炭」。秒単位の速さで着火できるグレートな炭です! これだけあれば、キャンプのお楽しみは一通りこなせますよ!

申し込み期間は5/8まで、お買い上げいただいた皆様のお手元に届くのは5月下旬を予定しています。今年の夏こそキャンプを始めてみようと思っている方、ぜひチェックしてください! 

私も一足はやく、今週末のお花見でコイツを使って美味いソトメシを作っちゃおうと思います。ではっ。

img001img002「ピラミッドグリル」を焚き火台仕様にて。組み立てはどんなに不器用でも1分以上はからないでしょう! ちなみに収納時はこんな薄っぺらくなっちゃいます。もちろん収納カバン付きですよ。

img003「スキレットパン」でピザクッキング! 底が浅いモノと深いモノの2つセットのフライパンなので、料理に合わせて使い分けられます。オーブンとしての使用時には浅い方をフタとして使えばエブシンゴナビーオーライ!

img004ちなみに!! この夏のアウトドアを楽しみための最強ツールをもうひとつ! モノ・スタイル アウトドアno.8、全国の書店で発売中でっす! アウトドアのファッションの最強バイヤーズガイドですよっ!