[#36]ケルティ新作お待ちっ!

文・モノマガ男/モノ・マガジン編集部

moweb

main新作たち。間もなく店頭に並ぶ予定。


ケルティみんな好きだよね。原宿とかさ、街中じゃあもうそれこそ「制服かよっ!」っていうくらいいろんな色のケルティ背負ってる。山ガールから草食男子まで幅広~く愛されてるって感じだ。そんなケルティの新作を持ってPRを担当しているプレスハウスの松田さんとジェニファーさんがご来社。

ケルティは1952年にカリフォルニアで創業されたメーカーで「バックパックの元祖」とも言われている。いま日本で販売されているのは日本の代理店が往年のケルティの雰囲気や製品にシンパシーを感じつつ現代的に使い勝手を向上させている、いわば僕たちの要望から生まれたリプロダクションラインなんだ。

大ヒット中の「ビッグデイパック」や「マウンテニアフレームパック」などは創業時~70年代にかけて生まれたヴィンテージデザインだし、「レトロブリーフ」などは80年代以降のロゴをまといつつPC保護クッションなど今風のデザインを施した“現代的レトロ&でもラブ80年代”的・ビジネスにも使えちゃう仕様だ。

いずれも手頃な価格なのも嬉しい。たとえば「ビッグデイパック」なんて9975円なんだ。1万円出したら25円おつりがくるんだぜ。「チップで取っておいて」っていいたくなるよね(ならないか・・・)。

そんなわけで、楽しい松田さん、ジェニファーさんと過ごしたモノマガ発売当日の午前中でした。

img01創業時のロゴ。

img02創業以降70年代に主に使われたロゴ。

img0380年代から90年代にかけて使われたロゴ。

img04ケルティのPRを担当するプレスハウスの松田さん(右)とジェニファーさん(左)。