[#2]今年は日産自動車に注目! ここんちは自動車ギョーカイのアップルかもよ

文・サクライダー(モノ・マガジン編集部)

moweb

main

量産初のEV(電気自動車)「リーフ」で話題の日産自動車ですが、なんと年内に全世界で10種の新型モデルをリリースすると発表。カレンダーにちらりと目をやれば、あれ、いまもう6月ですけど!

とにかく今年の日産自動車の勢いはすさまじい。あちらの業界では、アイパッドと新型アイフォーンの話題でもちっきりのアップルですが、こちらのギョウカイではそんなわけで日産さんが元気なのです。

さて、今日6月9日(ロックの日だそうです)に横浜にある日産自動車本社で行なわれた新型車「ジューク」の発表会に行ってまいりました。現物を見て私が思ったのは「こりゃ売れるぞ! 並ぶぞ!」です。

このクルマ、都会派(古い!)もソト遊びにも使える、いわゆる「クロスオーバー」モデルなのだけれど、これをコンパクトクラスで作ったことが新しい。そしてなによりこのエッジのきいたデザイン! 

同車の「デュアリス」よりさらに小さなボディは「ティーダ」や「ノート」と共通のプラットフォームだが、ボディのどこを切り取っても絵になる猛禽類系のデザインは今まで見たことのないもの。実に新鮮だ。

環境性能を強く意識したエンジンは1.5L直4で114ps。ちなみに1Lあたりの燃料消費は、19(ジューク!)kmで堂々たるエコカー減税の対象車(自動車重量税と自動車取得税が50%減税)である。

さてそんなジュークさん、お値段の方もレポーターが「こりゃ売れるぞ!」と思った大きな理由。全車1.5Lモデルで、まずは2WDのみの設定。スタンダードモデル「15RS」で車両本体価格なんと、169万500円。装備を充実させた「15RX」でも179万250円。と、いずれにしてもアイパッド顔負けのお買い得感。

15日にはじまる新型アイフォーンの予約で、並ぶか否か? を悩んでいたワタクシですが、呑気にかまえていたらコチラもかなり納車待ち覚悟の予感。

ところで、ジュークには「ROCK`N SMALL」というキャッチコピーがつけられている。

今日6月9日、ロックの日を発表会に選んだのは偶然ですか? ゴーンさん。

img001なんと「オートバイのタンクをイメージした」というセンターコンソール。インテリアもエクステリアに負けないほどキャラがたっている。

img002img003img004ジュークには全7色のボディーカラーを設定。レッド、ライトブラウン、ブルー、ホワイトパール、シルバー、メタルグレー、ブラック。個人的には明るめの色が似合うクルマだと思うが、いかがだろう。赤か、青も良い! いや意外に白か? どうする! ジブン。

img005今日発表されたのは1.5LエンジンのFFモデル2種。秋口には1.6Lのターボ車と4WDが追加発売の予定。アクティブ派のユーザーはもう少し辛抱!

【問】日産自動車 ℡0120-315-232
http://www.nissan.co.jp