#305 コーヒーは白黒つけずに、がいい。

文/本田賢一朗(モノ・マガジン編集部)

moweb

日本だと、コーヒーはブラックで飲む人がエライみたいな空気ありません? ま、かくいう私もそうだったのですが。

最新号のドトールコーヒー取材では、ミルクとシュガーを入れることでよりコーヒーの旨みがわかることも日本スペシャルティコーヒー協会の副会長でもある菅野さんにお教え頂いた。創業者であり、現名誉会長である鳥羽博道さんも取材時、コーヒーにミルクとシュガーをしっかりと入れて召し上がっていたっけ。
 
紅茶専門店では、ミルクティーに合う茶葉やアイスティーに向く茶葉など飲み方によって銘柄が違うように、コーヒーもミルクと合わせたらより美味しいブレンドもある。ということで工場取材時には菅野さん直々にミルクと合わせたほうが美味しいレシピでコーヒーを淹れて頂いた。これをブラックとミルク入りで飲み比べてみたのだけど、まったくの別物。ドトールで新発売されたばかりのウィンナーコーヒーしかり、ブラックばかりでなくアレンジコーヒーをもっと楽しまなきゃもったいない。白黒つけずに、ね。

※本ページ掲載の写真は、クリックすると拡大してご覧いただけます。

ドトールコーヒーショップはじめ、神乃珈琲などグループの味すべてをチェックしている菅野さん。体調が悪い時はどうするのですか? と聞くと「体調が悪くなる時はない」と言い切ってました。

#304 長年のイライラが解消しました! 

文/新野敦子(モノ・マガジン編集部)

moweb

最近家の掃除機をかえたので、この掃除機についてお話ししよう。我が家にやってきたのはエレクトロラックスのスティック掃除機「エルゴラピード・リチウム プレミアム ZB3324B/ZB3325B」。

簡単に機能を説明すると、従来よりフィルターが改良され、キレイな空気を排気するようになり、スティック・ハンディ・布団用の1台3役で使える優れもの。スティック型ながら抜群のスタミナとパワーを備え、PM2.5より小さい1.0ミクロンレベルの微粒子を99.99%除去。表面積を拡大し新しくなったフィルターにより、目詰まりしにくく排気性能が向上している!

さて、私が特に気にっている部分はまず、付属品の多さと、布団用クリーナーとして使えることだ。うちには今年18歳になる愛猫がおり、こいつがまた愛らしくて憎たらしい。というのも、一緒のベッドで寝たがるのは可愛いのだが毛の抜けがすごいのだ。そのため、私は何の対処もできないまま無言でコロコロをかけ続ける日々。しかし、何回コロコロしてもなかなか取れない現実………。

そこでこの掃除機だ!ハンディとして使えて付属のuv付きへッドに取り替えて吸い込むだけで、三破りコロコロでも取れなかった毛が見事にキレイになるのです! 実は近年の掃除機は微細なゴミを取ることは得意だが猫砂とか少し大きいものを吸うのは苦手だったりする。しかし、この掃除機は大きいゴミも小さいゴミもまるっとキレイになるのですごくイイということをご報告! 

※本ページ掲載の写真は、クリックすると拡大してご覧いただけます。

価格オープン(実勢6万4800円前後)編集部調べ。

#303 君の知らない猫Tシャツ発売!

文/関谷和久(モノ・マガジン編集部)

moweb

10月2日に発売されたモノ・マガジン『君の知らない猫』特集はいかがでしたでしょうか?

猫関連のグッズやアイテムがてんこ盛り。猫そのものは、あまり掲載されていないのがモノ・マガジンらしいといえばらしいところか(笑)。

その特集の冒頭でお知らせした通り、表紙で使用した矢吹申彦(やぶきのぶひこ)さんの作品『海の猫』をあしらったTシャツが発売されます!

矢吹申彦さんといえば、レコード・CDのジャケットで有名なイラストレーター。かつては、はっぴいえんど、森山良子、山下洋輔トリオ、松任谷由実、ティン・パン・アレー、あがた森魚などなど数多くのアーティストのアルバムを飾ってきました。最近では森山直太朗の一連のアルバムのイラストも手掛けています。

矢吹さんの描くイラストはどこかシュールで、神秘的で、懐かしくもあり、なんとも言えない魅力があります。実は猫をモチーフにした作品も数多く、2005年には『画報 猫づくし』として一冊にまとめられているほど。ご本人も多い時は6匹も飼っていたほどの猫好きだそうで(詳しくは特集のインタビューを見てね)。

矢吹さんの描いた猫は、どの猫もこちらをジッと見つめているのが特長。まるで心の奥を覗かれているような……とにかく目力がすごい! Tシャツとなった猫の目も力強いですね~。

ベースとなったTシャツは日本で初めてアウターTシャツを作ったメーカー・久米繊維製なので、着心地はバツグン。矢吹さんファンも、猫好きも絶対満足できるTシャツです。

お届けは10月中旬ごろ、モノ・ショップで絶賛発売中です。ぜひとも手に入れてください!

サイズはS、M、L、XL。販売価格3900円。好評なら第2弾、第3弾と続けていきたいので、みなさん、よろしくお願いいたします~。

※本ページ掲載の写真は、クリックすると拡大してご覧いただけます。

#302 美しすぎるテレビ「AQUOS 8K」の映像美を体験。

文/島田雄右(モノ・マガジン編集部)

moweb

シャープが2017年12月1日に発売する8K対応の液晶テレビ「AQUOS 8K」(LC-70X500)。その注目の画面に、気鋭のクリエイターが作成した8K/HDRの実写オリジナルショートムービー『LUNA(ルナ)』を上映するイベントが9月15日(金)に飯田橋にあるKADOKAWA第3本社ビルにて開催され、monoマガ編集部のTV担当も参加してきた。

前半はSHARPからTVシステム事業本部 国内事業部 8K推進部長の高吉秀一氏、同事業本部 栃木開発センター 第2開発部長の高倉英一氏が出席し、(LC-70X500)の魅力、これから始まる8Kコンテンツへの可能性について語った。テレビ以外の分野でも、8K対応の大画面テレビに耐えられる高解像度のデジタルカメラの開発がニュースになったばかりだ。2020年の世紀の祭典をより美しいテレビで楽しみたいという機運も高まっている。

イベント後半では、映像制作に携わった池田一真監督と諸石治之プロデューサーが加わり、8K/HDRの実写オリジナルショートムービー『LUNA(ルナ)』が上映され、8K映像の魅力と制作秘話が語られた。本作は『かぐや姫』の世界をベースにしたオリジナル作品。天体観測が好きな主人公俊介の甘酸っぱさ100%の青春もの(切なさの含有量多め)。高校生活3年間、男子校で暗黒時代を過ごした筆者には悶絶度合150%もの(うーん、でも切ない)。なんといっても白眉は光の映像表現。儚げな月明りや教室に差し込む光、夜空を覆う恐ろしいほど美しい星の瞬きなど、光のバリエーションの豊かなこと!

8Kテレビとは、超高解像度テレビのこと。フルハイビジョンの16倍の高解像度で、4K解像度では表現できなかった「臨場感」や「実物感」といった奥行や立体感を、より実物に近い高精細の映像で再現することができる。2011年に地デジ完全移行の際に買い替えたテレビのままの筆者には正に“美しすぎるテレビ”だったわけです。「テレビをこれ以上キレイな映像にしてどうする?」なんて声をたまに聞くが実際体験すると、その美しさには息を呑む。市場想定価格は100万円前後となる予定。また、2K、4Kの映像を8K映像にアップコンバートして観られるのも嬉しい。

誤解を恐れずにいうなら、単に美しいテレビではなく、臨場感や空気感を体感するテレビだということ。「目には映らない美しさ」は五感に訴えてくる。ってことはテレビは体感するメディアになっていくということ? 今後は、アニメーションやゲームコンテンツといった新たなメディアも参入するだろう。「百聞は一見に如かず」、まずはその美しさを体感して頂きたい。

※本ページ掲載の写真は、クリックすると拡大してご覧いただけます。

2017年12月1日にシャープが発売を予定する8K対応の液晶テレビ「AQUOS 8K」(LC-70X500)。

当日司会を担当したアスキー編集部のスピーディー末岡氏とSKE48の松村香織さん。

【問】シャープ
http://www.sharp.co.jp/aquos/sharp8k/

#301「エイリアン誕生」の想像を絶する事実! エイリアン:コヴェナント

文/大谷暁(モノ・マガジン編集部)

moweb

(C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved

シリーズ第一作の「エイリアン」(79)は、世界中で大ヒットを記録し、今まで宇宙人と呼んでいた生き物のことをエイリアンと呼ぶきっかけになった映画でもある。後に公開されたスピルバーグ監督の「E.T.」(82)に登場する地球に取り残された地球外生命体が善として親しまれた存在ならば、「エイリアン」は、凶暴な悪の限りを尽くす怪物として今もなお君臨している。当時巷では、インベーダーゲームが流行っていたが、1980年には「平安京エイリアン」というアーケードゲームまで登場した。それ以降、世の中に「エイリアン」という名称はすっかり浸透していった。

で、今回紹介する「エイリアン:コヴェナント」は、そんなエイリアン・シリーズの最新作だ。前作「プロメテウス」(12)に引き続きメガホンを撮るのはシリーズの生みの親であるリドリー・スコット監督。79歳ながら精力的に現役で活躍する姿はスゴイのひと言。ライフワークの集大成としてこのエイリアン・シリーズ(たぶん3作目もある)を完結させることと、10月に公開される「ブレードランナー2049」(17)で、ブレードランナー・シリーズをしっかり描き切ることは、もはや彼の使命なのだ。そして多くの映画ファンもそれを待ち望んでいる。脚本が途中で変更されたりしてドタバタの末に完成した「プロメテウス」は、確かに突っ込みどころ満載の作品であったが、筆者的には、それを含めてもまあまあ楽しめた。随所に謎を残したままのさまざまなコトが明らかになっていく。
 
 人類初の大規模な宇宙への移住計画のため、滅びゆく地球を旅立った宇宙船コヴェナント号は、コールドスリープ中の2000人の入植者を乗せ移住先である惑星オリガエ6を目指していた。その航行の途中、大事故に見舞われたコヴェナント号は女性の歌声が混じった謎の電波をキャッチし、発信元である惑星へ、急遽向かう(寄り道しなきゃいいのに…)。到着した惑星は神秘的で、女性乗組員ダニエルズ(キャサリン・ウォーターストン)にとっても、人類の新たな希望の地に思えた。そしてダニエルズの前に現れた完全な知能を持つアンドロイド(マイケル・ファスベンダー)は敵なのか、それとも味方なのか? そしてエイリアン誕生をめぐる驚愕の真実とは一体何なのか…。やがてコヴェナント号にもエイリアンの脅威が迫るなか、ダニエルズは哀しみを乗り越え、あまりにも過酷な運命に立ち向かっていくのであった…。

「プロメテウス」にも登場したレプリカント、、いやアンドロイドのファスベンダーは、まるで「ターミネーター」(84)のシュワちゃんのよう(旧型ターミネーターはみんなシュワちゃん)。もはやファスベンダー型アンドロイドとしての地位を確立させている(次も登場するでしょう)。「ターミネーター」の監督ジェームズ・キャメロンは、「エイリアン2」(86)の監督でもある。なんだか微妙なエイリアン繋がりとなっている。

タイトルの「コヴェナント」とは約束か聖約という意味らしい。神様と約束を果たす旧約聖書など、ユダヤ人が歩んだ過ちの道をSF仕立てで再現しているようにも見てとれる。単なるエイリアン映画と思うなかれ。実は深い深いお話なのですよ。とにもかくにも一見の価値アリです。興味のある方は劇場へ足を運んで下さいませ。

9月15日(金)全国公開! 配給:20世紀フォックス映画
 
 
エイリアン:コヴェナント

エイリアン:コヴェナント エイリアン:コヴェナント

※本ページ掲載の写真は、クリックすると拡大してご覧いただけます。

#300 あのアマノフーズからフリーズドライ食品の新作が出たぞ~!

文/関谷和久(モノ・マガジン編集部)

moweb

炙り秋鮭と五目の炊き込みご飯の素/内容:2合用×2袋/価格:1512円/通販専用・限定3000セット


フリーズドライ食品界の雄、アマノフーズからこの秋、新作が続々登場する!

アマノフーズといえば、おみそ汁が定番だが、ときどき「1人鍋」、「チキンカツの玉子とじ」、「チキンカツカレー」など驚くような攻めた商品を投入してくるので、モノマガ編集部でも注目しているメーカーだ。

どれもフリーズドライの匠として有名な島村雅人さんという名物社員がつくり出したもの。島村さんのアイデアと味へのこだわりはすごいのなんの……まぁ、この話は長くなるのでまたの機会ということで。

さて、この秋の新作はフリーズドライの炊き込みご飯の素なのだ。どーですか、美味しそうでしょ!?

炊飯するときにブロック状の素を入れて、軽くほぐして炊くだけでOK。下ごしらえなど準備は不要なのだ。

フリーズドライ食品は食材を約-30度で凍らせ真空状態で乾燥させるため、食材本来が持つ味や栄養が損なわれにくいという特長を持つ。だから、こんな本格的な炊き込みご飯ができるってわけ。

『炙り秋鮭と五目の炊き込みご飯の素』は、炙った国産の秋鮭・ぶなしめじ・油揚げ・人参・ごぼうなどの具材に出汁をしっかりと効かせた秋の風情を感じられる一品。

『松茸ご飯の素』は、今年採れたばかりの香り高い松茸と人参・たけのこを具材にかつおと昆布の合わせ出汁の調味料をフリーズドライ。松茸はスライスと細かく刻んだ2種類を使用しているので、松茸の食感も楽しめる贅沢なご飯の素だ。

1袋で2合用の炊き込みご飯ができる。どちらも数量限定なので、早めに手に入れたい。今夜はグッと秋っぽくサンマの塩焼きにキリッと冷えた日本酒で一杯、シメはアマノフーズの炊き込みご飯にするぜ!

※本ページ掲載の写真は、クリックすると拡大してご覧いただけます。

松茸ご飯の素/内容:2合用×2袋/価格:2160円/通販専用・限定2000セット

作り方はカンタン。家庭でもおもてなしの際に気軽に秋の味覚が味わえる。

【問】アマノフーズ公式オンラインショップ
http://amanofd.jp

#299 オジサンが気になるムーミンハウス

文/小野正章(モノ・マガジン編集部)

moweb

8月29日に創刊された週刊『ムーミンハウスをつくる』は、毎週火曜発売。創刊号のみ特別価格490円、2号目以降は1590円で全100号まで刊行される。販売は一部を除く全国書店となっている。


「ムーミン」といえば、小説や絵本、アニメを通して日本人の誰もが知るキャラクター。筆者が初めてムーミンの存在を知ったのは1972年に放送されたアニメ―ションだから、(年齢が知れるが)もう45年前のことになる。その後、原作を読んで挿絵のムーミンの姿(※右の絵参照)があまりにも違うことに衝撃を受け、だいぶ後年になって主人公のムーミンの声をあてていたのが女優の岸田今日子さんだったと知って、またまた衝撃を受けたことを記憶している。

余談はさておき、筆者にとってさまざまな意味で思い出深いムーミンが、ドールハウスの組み立てキットになって発売されたというから放っておくわけにはいかない。

デアゴスティーニから刊行された週刊「ムーミンハウスをつくる」は、毎号付属する木製パーツを組み立てていくと、原作の世界観に忠実なムーミンのドールハウスが完成するというものである。

設計・監修を担当したのはドールハウス作家の村上一昭さん。版権元の厳しい監修のもとに制作されたハウスは、完成すると高さが約70㎝、直径25センチにもなるというから相当な大きさだ。灯台のような円柱型ハウスは、前後の壁がマグネットで着脱する構造となっていて、壁を外すと屋根裏部屋から地下室まで、原作のイメージ通りの内部の様子を見て取ることができる。

マガジンの内容は3章立て+αで構成される。まず、組み立て作業をわかりやすく解説したパートでは、知っておくと便利なコツが紹介されるという。また“ムーミン谷の住民たち”では、物語に登場するユニークなキャラクターたちが毎号ひとりずつ紹介される。そして“ムーミン谷事件簿”では、ムーミンハウスを中心にムーミン谷で巻き起こる数々の出来事を小説、絵本、コミックスから抜粋して紹介。+αは“ムーミンの世界を掘り下げる”(不定期連載)として、原作者トーベ・ヤンソンの創作の秘密や物語の舞台となったフィンランドのムーミンスポットなど、さまざまなトピックスが紹介される。

間違いなくムーミン世代である筆者とって、興味をもつなと言うのは酷な話。いままでこの手の雑誌は買ったことがなかったけれど、今度ばかりは乗せられてみようかな。

※本ページ掲載の写真は、クリックすると拡大してご覧いただけます。

原作の挿絵はこんな感じだった。ちょっと怖い。※筆者の直筆

完成すると高さが約70㎝、直径約25㎝にもなる木製ハウス。外枠(壁)はマグネットによる着脱式だ。

内部は家具や調度品まで詳細に再現した。屋根裏にはなぜかナフキン。ノンノンまでが同居という不思議。

©Moomin Characters™

#298 面白いのはこれからだ! クルマ、徒然なるままに

写真・文/桜井靖人(モノ・マガジン編集部)

moweb

面白いのはこれからだ クルマ、徒然なるままに

クルマ好きでなくとも気になるのが、エンジンの未来。欧州ではすでにガソリン車やディーゼル車の販売を全面禁止(フランス、イギリスが2040年までに実施予定を発表)とするなど、エンジンの終わりがすでに始まっている状況。でも、ちょっと待てよ。イギリスもフランスもほんの2年ほど前まで「ディーゼル車推し」だったはず。いやいや、ドイツ勢だって、ル・マン24時間レースでディーゼルエンジン搭載のレースカーで速さと高燃費を武器に優勝し、時代はディーゼル向かい風だったはず。それが、これからはEV(電気自動車)以外はクルマではない的な空気感。これってどうなのでしょう。つまりエンジンをとりまく変化のスピードにはぼくらドライバーどころか、自動車メーカーも追いついていないというのが本当のところではないでしょうか。そしてこの感覚、以前に感じたことあるな、と思ったら思い出しました。そうですオーディオのメディアの歴史に似てるんですよ。レコード(ガソリン)が長いこと続いて、カセットテープ(ディーゼル)と共存。その後、CD(コンパクトディスク)、MD(ミニ・ディスク!)がハイブリッドやプラグインハイブリッドのように市場を席捲。あの感じですよね。EVはさしずめ「シリコン・オーディオ」といったところでしょうか。

 ところで本当に、ガソリンや軽油を燃やして走るエンジン(内燃機関)はなくなるのでしょうか? 5年どころか、2年先も読めない時代にこんなことを考えるのもアレですが、ボクは20年、30年後でも絶対になくならないと思います。というのもエンジンの可能性はまだまだ伸びしろがあるからです。たとえばガソリンエンジンの場合、燃料を燃やして得られるエネルギーのわずか30%ほどしか使われていないという事実。これが、最近になって50%、60%にまで引き上げることが可能(つまり倍)になる、という技術発表も。また、ロータリーエンジンでル・マン24時間レースを制したマツダは現在のエンジン比で最大30%のトルクアップ、燃費も45%改善した次世代ガソリンエンジンを開発発表。どっこい、コッチのエンジンもEVと同じく未来へ向かっている、ということをアピールしたばかり。クリーンで潔癖に思えるEVだって、排気ガスを出すマフラーこそないものの、その電気を作り出す発電所はまだまだ火力に頼らざるを得ない、という事情も忘れてはいけませんしね。

 オーディオとは違い、環境問題もクリアしなければならない自動車の世界なのだけれど、レコード針がいまさら再生産されるように、カセットテープ復活があるように、あるいはソーラーで電波式の時計が登場しても機械式時計がなくならないように、そうそうエンジンはなくならないと思う今日このごろ。2040年、編集部のある中野界隈の道路には1充電で1ヶ月は走るスマホのようなEVとアナログメーターを備え、5Lほどで東京-大阪間を走る趣味のエンジン自動車が共存しているのではないかと占うのりモノ担当者。
 

#297 史上最大のアイドル祭は過去最多の動員を達成!

文/モノ・マガジン編集部

moweb

東京アイドルフェスティバル(TIF)2017 乃木坂46

 モノ・マガジン8-16、9-2合併号において紹介した史上最大のアイドルイベント・東京アイドルフェスティバル(TIF)2017。きたる8月4日(金)5日(土)6日(日)にお台場・青海周辺エリアで開催された「TOKYO IDOL FESTIVAL2017」では、全223組1480人がライブアクトを行い、3日間で過去最多の8万1378人の来場人数を記録した。

 今回はじめてチェアマンとして就任した指原莉乃さんをはじめ、HKT48がトリを飾った2日目はTIF史上最多動員を記録。さらに3日目のHOT STAGE での大トリを飾った「乃木坂46 3期生」のステージには18thシングルの選抜メンバーがサプライズで登場するなど熱気は最高潮に達した。興奮冷めやらぬままフィナーレを迎え、アイドルの真夏の祭典は幕を閉じた。

チェアマンとして就任した指原莉乃さん 乃木坂46 3期生 TIF2017 グランドフィナーレの様子

 

#296 正反対のふたつのタオル

文/松崎薫子(モノ・マガジン編集部)

moweb

moonlight indigo / LITTLE SUNSHINE littlebodco(pile&gauze)


毎日使うタオル、みなさんはどのように選んでいますか? なぜか増えてくるロゴ入りタオルを使っている、なんて人も多いのでは。我が家では、取材してから虜になった今治タオルをもう7年ほど使っています。乾燥機を中心に洗い、タオルウォーマーにかけて使っているからか目立ったほつれや傷みもなく、毎日快適に使っています。そんななか、3歳になる息子がプール通いを始めたのと、海へ行く機会が増えたことから、外で使用するタオルを購入しようと探していたときに出会ったのがこちらのリトルによるふたつのタオルです。

ひとつめは、使い込むたびに拭き心地がよくなるタオル。ブランドは、「LITTLE SUNSHINE」。使い始めは少しかたく感じるのですが、次第にしなやかになります。往年のアメリカ製の特にフィールドクレスト社のホテル仕様のタオルへのオマージュで、良く吸い良く乾き、使い込むほどに拭き心地がよくなる絶妙なバランスを目指したそう。撚りをかけたコットン100%の糸でパイルを織り、さらし、染め、そして表面のパイルがねじれて紐状になるまで繰り返し長時間洗いこむ今では珍しくなった、ロングパイルツイスト製法で作られています。ねじれた紐状のパイルが表面積を増やし、またバネのように伸縮し弾力があるので拭き心地がよく吸湿性に優れるのです。まさに拭き心地抜群のタオルのスタンダード! チーフタオル、フェイスタオル、バスタオルの3種があります。

そしてふたつめは、ゆるく、うすく、かるいタオル。折りたたんで使いたいタオルです。ブランドは、「littlebodco」。綿、麻、竹の糸を絶妙なバランスで織り交ぜたパイル生地でできているのが最大の特徴です。製法は同じくロングパイルツイスト製法ですが、素材の違いが大きく出ています。はじめに小さく折りたたんで顔を、そしてだんだんと大きく広げて身体をあて拭きすることで常に乾いた面が身体にふれ、拭き終わりまで快適に使えます。また、通常のタオルの端は強度を増すために裁断縫製品の場合は2本針の袋縫いか
メロー巻きという専用糸で端を高密度で巻くか、ニットのバイヤスのテーブでタオルのまわりを縫い付けるのが一般的です。しかしこれは、生地のゆるさを端まで感じてもらえるようにと、あえて平織りの生地のようなロック仕上げに。生地が弱いのは難点ですが、洗濯の際、ネットにいれて洗えば問題ありません。少し手間はかかりますが、ゆるく、うすく、かるく、拭き心地の優しいタオルです。サイズは、25㎝角のハンカチーフサイズから150×300㎝の大きなバスタオルサイズまでの豊富な7種類。

LITTLE SUNSHINEは開発に1年を要し、試作は11回だったそうですが、littlebodcoは開発に2年を要し、試作は17回にも及んだそう。

私はいま、この「littlebodco」の藍色をイメージして染められたというムーンライトインディゴカラーを使用しています。独特なシャリ感もあり、今までにない肌触りはもちろんのこと、色の美しさも際立っています。外で使用する際には色も重要ですからね。大満足な一枚に。

さあ、どっちのタオルにしますか? LITTLE SUNSHINEのような少し硬派な兄といったか感じの育てていくタオル? それともlittlebodcoの少し繊細な弟という感じのやさしいタオル? ぜひタオルを見直してみてください。

※本ページ掲載の写真は、クリックすると拡大してご覧いただけます。

LITTLE SUNSHINE タオル864円〜

LITTLE SUNSHINE / chief towel

littlebodco タオル1080円~

【問】合同会社リトル http://little.co.jp