#441 日本一小さな村がつくった“おむすび“

写真・文/関谷和久(モノ・マガジン編集部)

moweb

441 日本一小さな村がつくった“おむすび“
すぐに食べられるように“下ごしらえ”してあるので、調理に使っていた時間が食卓の楽しい会話時間にかわる。共働きの家庭にとってはうれしいおにぎりだ。

富山県の舟橋村といえば、市町村合併が盛んに行われる中、一度も合併をしなかったことで、今では日本一小さな村として有名な村だ。

人口は3203人(2020年8月現在)、富山平野のほぼ中央に位置し、美しい田園風景が広がっており、遠くに雄大な立山連峰を望む景観はまさにニッポンの里山。ちなみに「ばんどり騒動(米騒動)」発祥の地としても知られている。

そんな米どころの舟橋村と食と農の新ブランド「MUSUBU(むすぶ)」がつくったのが、塩麹おむすび「したごしらえ」。

富山県南砺(なんと)市の「石黒種麹店」の米糀と富山湾の深海から採取した深層水を天日製法で生成した天然塩を使って、舟橋村の米を炊き上げたもので、具材は立山放牧牛のしぐれ煮、滑川のほたるいかを使用している。もちろん、すべて富山の食材だ。

“下ごしらえ”された冷凍おにぎりとして、ネットで販売されているが、余計な調味料や添加物が入っていないので、電子レンジで解凍してもパサつかず、ふっくらとした仕上がり。お米と米麹の甘味と天然塩の絶妙なハーモニーが味わえる。

おむすびは3種類。舟橋村の農園で無農薬でつくられた「玄米」、ぷりっとした食感と大ぶりの身がうれしい「滑川ほたるいか」、自生する草だけで育てられた放牧牛を甘辛く煮込んだ「立川放牧牛しぐれ煮」。

試食してみたが、まずお米が美味しい。噛めば噛むほど甘みが増していく。さらに具材のうま味とあいまって……もう止まらない! 一気に食べてしまった。大ぶりのおにぎりなので、1個でも満足度が高いぞ。

舟橋村の魅力は、のどかな田園風景、雄大な立山連峰、そして豊かな水が生み出すお米。舟橋村の魅力は、のどかな田園風景、雄大な立山連峰、そして豊かな水が生み出すお米。子どもを持つ家庭がどんどん増えており、他の地方自治体からも注目されている村なのだ。

「したごしらえ」はすべて富山の食材でできている「したごしらえ」はすべて富山の食材でできている。まさに地域と地域、人と食を結ぶおにぎりなのだ。

2個入り価格600円(1具材)、6個入り価格1800円(3具材×2個)/(1具材×6個)、12個入り価格3500円(3具材×4個)2個入り価格600円(1具材)、6個入り価格1800円(3具材×2個)/(1具材×6個)、12個入り価格3500円(3具材×4個)
■お問合せ
MUSUBU
https://musubufabo.theshop.jp/

※本ページ掲載の写真は、クリックすると拡大してご覧いただけます。

#440 パナソニックの光害対策防犯灯が美しい星空を守る

文/加藤文晶(モノ・マガジン編集部)

moweb

440 パナソニックの光害対策防犯灯が美しい星空を守る

2020年7月13日、パナソニックが星の郷として知られる岡山県井原市美星町と共同で“ある説明会”を開催しました。

その説明会の主役は何かというと、パナソニックの『光害対策防犯灯』。現在、美星町ではアジア初となる国際ダークスカイ協会(以下IDA)の星空保護区認定(コミュニティ部門)※1に向けた取り組みを行っていますが、その取り組みにおいてパナソニックが美星町を強力にバックアップ! 官民一体となって新たに開発した光害対策型のLED防犯灯と道路灯が、国内メーカーで初めてIDAによる「星空に優しい照明」の認証を取得したのです。

同認証は、主に眩しさを必要最小限に抑えつつ星空を見えにくくする上方への光の漏れがいっさいないこと、さらには青色光が少ない電球色となる3000ケルビン以下の色温度であることなど厳しい基準が設けられていますが、2019年3月にプロジェクトがスタートした光害対策型のLED防犯灯と道路灯が、2020年1月に晴れてIDAの認証を取得。今回の説明会では、このような事業を現在進行形で展開する美星町による取り組み状況やパナソニックによる製品説明に加え、IDA認証取得器具のサンプル品に取り替えられた一部地区の夜間点灯状態見学などが主たる目的となりました。新旧防犯灯の違いは下の写真を見れば一目瞭然、美星町の美しい星空も上の写真を見れば誰もがナットクといったところでしょうか。

1988年に環境庁から星がよくみえるまちとして「星空の町」に選定され、翌1989年には美しい星空を守るために国内初となる「光害防止条例」を制定した美星町。今後は2020年秋頃から町全体の防犯灯取り替えをスタートして、2021年3月末までに「星空保護区」の認定申請を完了させる予定とのこと。順調に事が運べば3~6か月後には認定となるとのことですので……。2021年初夏~初秋にかけて、アジア初の「星空保護区」(コミュニティ部門)が誕生! という朗報がもたらされることを期待したいですね。

なお、本記事の詳細についてはモノ・マガジン9-16号(9月2日発売)で紹介しますので、そちらもぜひご覧ください。

※1:国際ダークスカイ協会(IDA)とは

光害問題に対する取り組みで先導的な役割を担う組織として1988年に設立され、米国アリゾナ州ツーソンにある本部と世界18ヵ国の60以上の支部を有するNPO団体。同団体には美しい星空を保全するための取り組みを世界基準で評価する国際的な認定制度『ダークスカイプレイス・プログラム』(和名:星空保護区認定制度)が設けられていて、その認定には屋外照明に関する厳格な基準や地域における光害に関する教育啓発活動などが求められます。
また、上記プログラムは①ダークスカイ・コミュニティ、②ダークスカイ・パーク、③アーバン・ナイトスカイプレイス、④ダークスカイ・リザーブ、⑤ダークスカイ・サンクチュアリ、 ⑥ダークスカイ・ディベロップメントの6つに分類されており、美星町では町や市といった自治体単位が認証の対象となる『ダークスカイ・コミュニティ』の認定を目指しています。

■お問い合わせ
パナソニック 照明と住まいの設備・建材 お客様ご相談センター
TEL:0120-878-709

左が白色LEDを採用している従来型の防犯灯で、右がIDAの認証を取得した電球色の光害対策型防犯灯左が白色LEDを採用している従来型の防犯灯で、右がIDAの認証を取得した電球色の光害対策型防犯灯。必要な明るさを確保しつつIDAの基準をクリア。

横方向の光を遮るために光害対策型防犯灯(右)にはカットルーバ(黒い部品)横方向の光を遮るために光害対策型防犯灯(右)にはカットルーバ(黒い部品)を装備。

従来の防犯灯は取り付け角度が30°付けられていた 光害対策型防犯灯では0°に変更することで上方向への光漏れを抑制
これまでの防犯灯(左)は取り付け角度が30°付けられていたが、光害対策型防犯灯(左)では0°に変更することで上方向への光漏れを抑制。

#439 私物でドン 「知らなきゃよかった編」

写真・文/桜井靖人(モノ・マガジン編集部)

moweb

439 私物でドン 「知らなきゃよかった編」

5年ほど前にサンフランシスコのフリマで購入したいわゆるラバーブーツ。定番のビーンブーツかと思って手に取るとなんか様子が違う。ヒールをのぞくと見知らぬロゴと見慣れたネーム。はて?そこへ店主がボクに声をかけてくる。「古いヴィンテージのブーツだよ。ぜんぜん履いてないからきれいだろ、ソールを見てみな」と。

こういう場合はまず高いお値段をふっかけられるパターン。フリマなれしたボクは、そこまで欲しくはないんだけど、という顔をしながらブーツを360度ぐるりとチェック。素材よし、縫製よし、雰囲気よし、ヒールに刻まれた「MADE IN U.S.A.」もまたよし!決めてはサイズ。店主にお断りして足を通すと、まさかのシンデレラフィット! いつのまにか現れた奥さまの「あら、アナタお似合いよ!」というお世辞にすっかり買う気モリモリ。歳にしたら70代後半だろうか、店主である白人のご夫婦の笑顔もすてきではないか。さっきまでの警戒心は何処へやら。デレデレした顔のボクに「100ドルじゃ高いかね?80ドルならどう」とご主人。

結局、ブーツの横にあった70年代モノのサムソナイトのスーツケースと合わせて100ドルで交渉成立。我ながら良い買い物。この旅行で一番のおみやげとなった。さて、このブーツのオチ。帰って調べるとご主人の言ったとおり、本当のヴィンテージだった。しかも、80年代、古くて70年代とふんでいたこのブーツ。検索してもほとんど情報が出てこない。ようやくたどり着いたアメリカのヴィンテージ好きのサイトから50年代の製品であることが判明。

つまりあのご主人ではなく、そのお父さんが購入していたモノではないかと推測される。なんと、ボクより歳上のブーツさん(ここからさん付け)だった。でも、ヴィンテージとはいえブーツはブーツ。飾りじゃない。雨の日の取材に颯爽と履いていったのは良いけれど、歴史的な価値の匂いのするブーツをアスファルトの上でソールを減らすやはり気がひけた。

調べるんじゃあなかったな。でも知ってしまったからには。結局、ビーンブーツを新品で買うことにして、こちらは本棚の一番目立つ場所に保管中。どなたか、同じブーツをお持ちの方がいたら情報を。

ヒールをのぞくと見知らぬロゴと見慣れたネームヒールに刻まれた「MADE IN U.S.A.」もまたよし!素材よし、縫製よし、雰囲気よしいまさら説明不要。アメリカのファッションアイコンのひとつであり、カジュアル界の永遠のスタンダードのコンバース。そのコンバースは1902年に創業。ブランドのスタートはラバーブーツの生産だったって知ってました?サンフランシスコからウチに来たコンバースは、タグや縫製、ソールのパターンから50年代の製品であろうかと。つまり、ジャックパーセルよりも、ワンスターよりも前に作られていた、いわばコンバースオリジン。

※本ページ掲載の写真は、クリックすると拡大してご覧いただけます。

#438 これ欲しい! 波佐見焼のカレー皿

文/松崎薫子(モノ・マガジン編集部)

moweb

438 これ欲しい! 波佐見焼のカレー皿

家で食事をする機会が増えましたね。
日々の食事を楽しもうと、先日欠けてしまっていた器を金継ぎして蘇らせました。
器で料理が美味しそうに見えたり、食事の時間が明るい気分になったりし、改めてモノの魅力を実感しています。

そんななか、気になるブランドがリリースされました。
100年を超える波佐見焼のメーカー「中善」が立ち上げたオリジナルブランド「zen to」(ゼント)です。

中善はカリタの波佐見焼ドリッパーをはじめ、いままではOEMを中心に事業展開していました。この度、焼きものの確かな技術とその可能性を次世代に伝えるべく「zen to」がスタートしたと言います。
ブランドディレクターには、これまで数々のブランドで指揮をとり、日本を代表する陶磁器デザイナーである阿部薫太郎さんが加わり、“多様な嗜好に応える、多様な個性的なモノ”がコンセプトに掲げられています。

ブランド初年度の今年は15人のクリエイターとともにカレー皿が発売されるとのこと。
その第一弾として、ミュージシャンの小宮山雄飛さん、フード編集者のツレヅレハナコさんが監修したモデルが登場しました。

小宮山さん監修のカレー皿「zen to Y・K」

小宮山さん監修のカレー皿「zen to Y・K」(価格3080円)はシンプルですが、縁が贅沢でもあり存在感を放つ一枚。
カレーだけでなくスープや前菜はもちろん、スイーツを盛り付け、周りにチョコレートペンでデコレーションしたりなどのアレンジもできます。

ツレヅレハナコさん監修のカレー皿「zen turehana_b」

ツレヅレハナコさん監修のカレー皿「zen turehana_b」(価格3960円)はジャイプールの伝統工芸品の焼きものからインスパイアされたデザイン。
華やかさがあり、テーブル周りが明るくなります。季節の果物などを盛っても良さそうです。

好きなお皿一枚で、食卓の風景が大きく変わります。
毎日の暮らしががちょっとしたことで心踊る時間に変わるのです。

ぜひ手にとって見てみてください。

■お問い合わせ先
zen to
http://www.hi-zento.jp/

#437 ファッショナブルに着けたい腕時計

文/片岡静香(モノ・マガジン編集部)

moweb

437 ファッショナブルに着けたい腕時計
フォッシル/ビックティック FS5739(径40㎜)、ES4936(32㎜)
価格1万6500円
クオーツ/SSケース&ダブルブレスレザーストラップ/5ATM

そろそろ季節は夏。半袖を着る機会が増えるにつれ、自然に手元へと視線がいくもの。そんな時、ユニークな腕時計を着けていれば、それだけでお洒落感もアップする。

そんな今紹介したいのが、アメリカンクラシックなデザインのもと、遊び心あふれるアイテムを作り続けるライフスタイルブランド「フォッシル」のブランドの代名詞となるほど、人気を博した、「ビッグティック」の復刻モデルだ。

1999年の発表からファンの多いこの「ビッグティック」は、2針のアナログ時計に、スクロールするデジタルアニメーションの秒表示を融合した、ユニークで楽しい腕時計。

4月に発売した第一弾のステンレススチールケース&ブレスのレインボーカラーの秒表示に続き、第二弾は、発売当時より人気があるこだわりのダブルストラップデザイン。ラウンドのステンレススチールケースに、モノクロのデジタル表示をあわせた洗練されたモデルだ。

第一弾モデルと同様、40㎜径と32㎜径の2サイズ展開で、ペアウォッチとしても楽しむことができる。デジタルアニメーションは7種類あり、右上のプッシュボタンで変更可能。

スクロールダウン、スクロールアップ、左スワイプ、 右スワイプ、ブリンク、スクイッシュ、フリッピーフロッピーなど、1週間毎日異なる表示を楽しむことができるのが特長だ。

これまでもコラボレーションモデル等で復刻されてきた、「フォッシル」らしさの象徴でもある「ビッグティック」。その楽しい動きは、ブランドのタッチスクリーンスマートウオッチのダイアルデザインとしても採用され、20年経った今でも色あせることなく、ファンを魅了する。

さらに、この復刻モデルの発売を記念して、ブランド初となる日本人のイラストレーター「Backside works.」がキービジュアルを担当。どこか懐かしいレトロな雰囲気と、アメリカンカジュアルを原点としたストリート感が、まさに遊び心溢れる現代の「フォッシル」らしさを具現化している。

日本のみの数量限定発売で、全3種展開なので、早めにチェックしよう! 7月2日(木)に発売した『モノ・マガジン』7月16日号の「腕時計特集」には、この他にも様々なシーンで活躍する最新の腕時計が満載! 是非チェックしてください。

■お問合せ
フォッシルジャパン
03-5992-4611

ペアで着けたいお洒落なウオッチペアで着けたいお洒落なウオッチ

「Backside works.」がキービジュアルを担当「Backside works.」がキービジュアルを担当

※本ページ掲載の写真は、クリックすると拡大してご覧いただけます。

#436 決してひとりでは見ない方がイイかもよ!「アングスト/不安」

文/大谷暁(モノ・マガジン編集部)

moweb

436 決してひとりでは見ない方がイイかもよ!「アングスト/不安」

1980年代、世界中でビデオが普及し始め、映画は自宅で観るという文化が根付き始めた。巷にはレンタルビデオ屋が溢れ、週末ともなると大賑わいとなったのを思い出す。そんな良き時代に、劇場公開作品はもちろん、日本未公開の傑作などももの凄い勢いでリリースされた。その中にはあまりの不人気によりビデオ屋から消えていったり、ワケありで封印されることになった作品も実は多い。しかし、ここ数年そんなレアでマニアックな作品が再びスポットを浴び始めている。

今回紹介する「アングスト/不安」もそんな1本。日本では劇場公開されず、1988年に「鮮血と絶叫のメロディー/引き裂かれた夜」というタイトルでレンタル用VHSが発売された。しかし、世の中に出回った数は極少、ほぼ誰にも観られることなく地下に埋もれ、以降観たくても観れない幻の作品となり現在に至った。なかなかマニア心をくすぐるエピソードであり、その筋の映画がお好きなご同輩にとってはまさにノド手ものの作品であります。

本作は、1980年にオーストリアで実際に起きた殺人鬼ヴェルナー・クニーセクによる一家惨殺事件を映画化した実録スリラー映画。刑務所を出所後の殺人鬼=狂人が感じる不安やプレッシャーによる異様な行動と心理状態を狂暴かつ冷酷非情なタッチと斬新なカメラワークを用いて表現。狂人自身のモノローグで綴る構造や全編に徹底された陰鬱なトーンなど、作品自体が「異常」であり、ほかに類を見ない芸術性を発揮した衝撃的な作品なのですが、1983年の公開当時はそのショッキングすぎる凄まじい内容により、本国オーストリアでは1週間で上映打ち切り、ヨーロッパ各国でも上映禁止、しかもイギリスとドイツではビデオも発売禁止となった。アメリカではXXX指定を受けて配給会社が逃げたという……。

そんな曰く付きの映画がついに日本で劇場されます。恐怖映画好きな筆者にとっては「ホラー映画」と言うよりも、60年代以前に流行った「ショック映画」と呼びたい。そんな古き良き時代の香りが漂う恐怖映画です。

上映禁止になる前に是非劇場に足を運んでくださいませ!

1983年/オーストリア/87分/カラー/ビスタ/R15+
7月3日(金)よりシネマート新宿ほか全国順次公開中
配給:アンプラグド

©1983 Gerald Kargl Ges.m.b.H. Filmproduktion

アングスト/不安
アングスト/不安

#435 気軽に始められる水彩画セット!

文/小川太市(モノ・マガジン編集部)

moweb

435 気軽に始められる水彩画セット!

今や水彩画はSNSなどでイラストにして日記感覚で日常の風景を伝えるツールともなっているが、そんな水彩アートの楽しさを知るきっかけになってほしいという思いから生まれたのが呉竹の「彩り小箱 若葉」。

オシャレな和紙箱にはいっているのは、フィス水筆ぺん、硬めの芯先が書きやすいなめらかな書き心地のサインペン。色が鮮やかで溶けが早い6種の顔彩と、初心者でも使いやすい構成で、書きたい時にさっと取り出して使えるのがありがたい所。

筆ペンの名門メーカーの呉竹らしく、水洗不要でぼかしや混色をいつでも綺麗な水でできる筆ペンや、手軽に使えるが筆ぺんタッチのサインペンなど使い勝手や書き味にこだわっている点は流石。なお、顔彩も呉竹オリジナルだ。こだわり多彩なのに、懐に優しいプライスなのも嬉しい所。所水彩画初心者はこの機会に是非ともチャレンジしてもらいたい!

■お問合せ
呉竹
https://www.kuretake.co.jp/

商品名:彩り小箱 若葉/6色 セリース商品名:彩り小箱 若葉/6色 セリース
価格:1320円
<内容品>
○呉竹フィス水筆ぺん/mini中
筆を洗う筆洗が不用で、ぼかしや混色をいつでもきれいな水で行うことが可能。携帯性が抜群に優れているので、屋内外を問わず使える。
○筆携!サインペン 細字/黒
硬めの芯先が書きやすい、なめらかな書き心地の筆ぺんタッチのサインペン(筆記線:約0.5~1.5mm)。乾くと水に流れにくい水性顔料インクなので、アウトラインを描いた後、顔彩で着色してもにじみにくい。

顔彩耽美○顔彩耽美 (紅、白、若草、黄、白群、水)
色が鮮やかで溶けが早い顔彩 で、旬の色を表現できる美しい色合いが特長。

※本ページ掲載の写真は、クリックすると拡大してご覧いただけます。

#434 夏だから美味しいワイン

文/小野正章(モノ・マガジン編集部)

moweb

434 悪夏だから美味しいワイン

昨年夏、サントリーから登場した赤・白ワイン「氷と楽しむおいしいワイン。」の好評を受けて、今年はパイナップルやグレープフルーツ、オレンジ果汁を加えた白ワイン「氷と楽しむおいしいワイン。(酸化防止剤無添加) サンシャインフルーツ」が夏季限定で発売されました。

ワインに氷を入れるなんて美味しくなさそうと思われていますが、高級ワインならいざ知らず、カジュアルワインの世界ではありだとか。実際欧米ではワインを冷やすのはもちろん、氷を入れる飲み方も一般的になっているとのことです。翻って日本でも「飲みやすくなる」、「最後まで冷えた状態で楽しめる」といった理由から氷を入れて楽しむ人が増えているそうです。

で、今回のワインはサマーフルーツの果汁を合わせることで、より一層フルーティーで爽やかな仕上がりになっています。実際に飲んでみたところ、最初は濃厚なフルーツジュース(もちろんアルコールは12%入ってます)といった印象ですが、氷が解けていくうちに飲み易くなって、フルーツの爽やな甘みと酸味が一層感じられるようになっています。

もうひとつ紹介したいのが、「雫音(しずね)」というワインです。こちらは、スダチと柚子という和柑橘を加えることで、出汁の味わいを楽しむ和食に合うスパークリングワインとして開発されました。ふわっと華やかに香る柚子のふくよかで上品な味わい、すっきりと香るスダチの爽やかな酸味とほのかな苦みが和食を引き立てます。冷奴や枝豆といった夏のお摘みと合わせても美味しいですよ。ぜひ、試してみてください。

「氷と楽しむおいしいワイン(酸化防止剤無 添加)サンシャインフルーツ」(12%、720ml) 和テイストのスパークリングワイン「雫音(ゆず)」と「雫音(すだち)」(各7%、350ml)
白ワインベースにパイナップル、グレープフルーツ、オレンジの果汁を加え、氷を入れても美味しく味わえるフルーティーで爽やかな「氷と楽しむおいしいワイン(酸化防止剤無
添加)サンシャインフルーツ」(12%、720ml)
白のスパークリングワインに柚子やすだちといった和柑橘の果汁を加えた、和テイストのスパークリングワイン「雫音(ゆず)」と「雫音(すだち)」(各7%、350ml)

「カルロ ロッシ ICE スパークリング マスカット」(8%、280ml)
モマンドール アイスレモン」(8.5%、750ml)上はフレッシュでフルーティーなカルロロッシをベースにマスカットの爽やかな香りを加えた「カルロ ロッシ ICE スパークリング マスカット」(8%、280ml)。下は爽やかなレモンを思わせる酸味と白ブドウのフルーティな果実味のバランスが良い「モマンドール アイスレモン」(8.5%、750ml)。ともに氷を入れてもそのままでも楽しめる。

※本ページ掲載の写真は、クリックすると拡大してご覧いただけます。

#433 バンダイのガシャポン「いきものシリーズ」からド迫力のアイツが爆誕!

文/関谷和久( モノ・マガジン編集部)

moweb

433 バンダイのガシャポン「いきものシリーズ」からド迫力のアイツが爆誕!
●すずめばち
●発売日:2020年6月第3週より順次発売
(全国の玩具売場、 量販店、 家電店などに設置されたカプセル自販機にて販売)
●1回500円
●素材:本体:ABS、 PVC、 POM ディスプレイスタンド:ABS、 MABS

バンダイのガシャポンの「いきものシリーズ」とは、2018年8月に発売した「だんごむし」を皮切りに、「まんまるこがね」「だいおうぐそくむし」「かめ」「とらふからっぱ」等、これまでにシリーズ累計300万個以上を販売した人気シリーズ。

最新作は全幅約200mm! 昆虫界最強の『すすめばち』の登場となった。

「すずめばち」を生物学的に研究し、全長約150mm、全幅約200mmと驚異の大きさとリアルな造形で再現。実際の蜂と同様に針の出てくる仕組みを再現したり、顎の開閉や触覚の角度調整など全身18カ所が可動する。

また、普段見ることの難しい舌や翅脈(しみゃく)も忠実に再現しているのも虫好きにはたまらないギミックだ。まさに「いきものシリーズ」で培った技術を集約したリアル可動フィギュアといえよう。

ちなみに自販機より搬出された状態から蜂の本体部分を取り出し、残りのカプセルパーツを組み替えると専用のディスプレイスタンドとして使用することが可能なのだ。

「飛行モード」と「アタックモード」、2つの形状でディスプレイすることができる。

これはデスクに飾りたいぞ!

ラインナップは全3種。

ラインナップは全3種。1. オオスズメバチ 全高約150mm 全幅約200mm。2. キイロスズメバチ 全高約115mm 全幅約165mm。3. クロスズメバチ 全高約115mm 全幅約165mm。

カプセルの部分パーツを組み替えると専用のディスプレイスタンドにカプセルの部分パーツを組み替えると専用のディスプレイスタンドとして使用できる(特許出願中)。なるほど無駄がない!

針が出てくる仕組みも再現細部までリアルに再現し、実際の蜂と同様に体のパーツが動く。針が出てくる仕組みも再現されている。

■お問い合わせ
バンダイお客様相談センター ナビダイヤル
0570-041-101(10時~17時 祝日、 夏季・冬季休業日除く)
ガシャポン いきもの大図鑑公式サイト  https://gashapon.jp/dangomushi/item/
ガシャポン公式サイト「ガシャポンワールド」 http://gashapon.jp/
※本資料に記載されている情報は2020年6月4日現在のものです。
※「ガシャポン」はバンダイの登録商標です。

#432 昔懐かし、愛すべきアイス

文/加藤文晶(モノ・マガジン編集部)

moweb

432 昔懐かし、愛すべきアイス

とある駅のホームで見かけた、とあるアイスの駅看板広告。そのアイスとは、メイトーの『ホームランバー』。

「懐かしいなぁ」なんて思いながらしばらく眺めていると、右上に“60 ANNIVERSARY since 1960”の文字を発見。幼い頃に銀紙パッケージのホームランバーをよく食べていた記憶は残っていますが、自分より10歳以上も年上だったなんて、と少々ビックリ(笑)当時の値段は30円とか50円とかだったような……とにかく安かったなぁ。

と、余談はさておき。

そんなホームランバーは日本初のアイスクリームバーとして誕生し、今年で発売から60周年を迎えるロングセラーアイス。日本初の当たり付きアイスクリームとしてもおなじみです。
そう、“当たりが出たらもう1本”!食べ進めるときの当たりが出るかどうかというワクドキ感や当たりが出た時の嬉しさが今となっては懐かしい。そんな人も決して少なくないでしょう。

話が再び脱線しそうなので、本題に戻ります。

私が見た駅看板広告の商品は『ホームランバー 全ヒットラッキーパック』。バニラ&チョコとプチパリチョコの2種類が6月1日(月)より全国のスーパーにて数量限定で発売されました。

10本セットで発売されるホームランバー 全ヒットラッキーパック。注目は全10本とも「ホームラン」、「1塁打(1ポイント)」、「2塁打(2ポイント)」、「3塁打(3ポイント)」のいずれかの焼印が必ず出るところでしょう。さらに! 必ず景品がもらえる「ホームラン賞」も倍増していて、まさに、60周年を記念した大盤振る舞い的な商品にあっぱれ!

過去には空とぶ円ばんUFOやスピードガンといった景品が人気を博し、最近はドローンやLINEのスマートスピーカーも景品に登場しましたが、今回の景品はサイズが選べるオリジナルペアTシャツなのだとか。家族、友達、恋人とのリンクコーデやペアルックもアリな選択でしょう。

ちょっとお値段が張る高級アイスクリームもいいけれど、少年時代の懐かしい記憶に想いを馳せながら、そして、当たりが出るかどうかのワクドキ感を感じながら食べるホームランバーもまたヨシ! だと思いませんか?

ホームランバーブランドサイト:https://www.homerunbar.com/

■お問い合わせ
協同乳業 お客様相談室
TEL:0120-369817(ミルクハ イーナ)

駅看板広告の全景こちらが駅看板広告の全景。“全ヒットラッキーパック”の文字が目立ち度抜群! アナタが利用している駅の近くにもひょっとして!?

ホームランバー バニラ&チョコ 全ヒットラッキーパックホームランバー バニラ&チョコ 全ヒットラッキーパック
種類別:ラクトアイス
内容量:45ml×10本
保存温度:要冷凍(-18℃以下)
エネルギー:バニラ 57kcal/チョコ 58kcal
希望小売価格:350円(税抜)

ホームランバー プチパリチョコ 全ヒットラッキーパックホームランバー プチパリチョコ 全ヒットラッキーパック
種類別:ラクトアイス
内容量:45ml×10本
保存温度:要冷凍(-18℃以下)
エネルギー:チョコ 71kcal/いちご 69kcal
希望小売価格:350円(税抜)

「ホームラン」の焼印が出たら大当たり!「ホームラン」の焼印が出たら大当たり! もれなくオリジナルペアTシャツがゲットできます。また、1塁打(1ポイント)、2塁打(2ポイント)、3塁打(3ポイント)の焼印が出たら合計4ポイント(1口)になるまで集めて応募すれば、抽選でオリジナルペアTシャツが当たります。