モノ差し」カテゴリーアーカイブ

あの「シトロエン」が企画・開発した、画期的な眼鏡!

あの「シトロエン」が企画・開発した、画期的な眼鏡!

昨年夏に欧州で発表されるや、公式サイトで2000万ビュー(!)。瞬く間に1万5000個越えのセールスを記録した話題の「メガネ」がいよいよ日本でも発売開始。なにがスゴイといえばこのメガネ、かけるだけで乗りもの酔いを防止・軽減できるのだ。ただ、日本では医療的な効能を謳うことがことができないため「リラックス効果」がある雑貨としての取り扱いとなるが、本国で販売されているモノとまったく同仕様。

そんな大人の事情はさておき、幼いころからひどい乗り物酔いに苦しめられている弊誌乗り物担当がトライ! 助手席に座りタブレットでナビを操作して都内を走る。案の定、3分ほど(早っ!)でアタマがぐるぐる。ところがこのメガネをかけて5分もするとアタマがしゃっきりし、呼吸もしだいにおちつく不思議。つまり、結果は大いに効いた、ということだ(※あくまでも個人の感想です)。

ほしい!というか、ボクには必要なモノだ!! 驚くべきはこの製品、100年を越す歴史をもつフランスの自動車ブランド、あの「シトロエン」が企画・開発したモノ。つまり乗り物酔いを良く知る側が作った本気モノということ。かけた見た目はユニークそのものだけど、こうみえて、じつに頼もしいメガネなのだ。

中にはブルーの液体がほぼ半分の量で封入されていて、顔の揺れに合わせて液面が水平を保つ仕組み。

フレーム内部にパイプが前・横各2つ円を描くように配置。この中にはブルーの液体がほぼ半分の量で封入されていて、顔の揺れに合わせて液面が水平を保つ仕組み。よく船酔いしそうな時は、「遠くの水平線を見ろ」というけれど、あれと同じ理論のよう。要するに身体の水平をメガネを通して無意識に感じ取ることで不快な乗り物酔いを防ぐ仕掛け。乗り物などでの移動中、視線を本やスマホなど動かない物体に視線をあわせることで約10分~12分でリラックス効果が現われる、とのこと。

いろんな意味で画期的なメガネ SEETROËN(シートロエン)

本体はソフトなシリコン製。メガネといってもレンズが入っていないので、視力補正機能はなし。なので誰とでもシェア(内耳が充分に発達した10歳以上から使用可能)できて、その気になればメガネの上からも装着可能。フランスでは医療機器として販売。ちなみに商品名はブランドの「CITOROËN(創業者の姓に由来)」と英語のSee(見る)を引っかけたダジャレから。

■ 製品情報
いろんな意味で画期的なメガネ SEETROËN(シートロエン)
価格1万6200円
お問い合わせ
シトロエン コール0120-55-4106

文/モノ・マガジン編集部
mono 2019年7-2号掲載

“クラシック”を巡れるホテルのしるし

“クラシック”を巡れるホテルのしるし
日本クラシックホテルの会
第二次大戦前に創業し、当時の経営指針を残し現在も営業を続け、戦前に建設された建物を維持する9ホテルからなる。
URL http://www.jcha.jp/

音楽でも服でも〝クラシック〟とはそれに接した人が気持ち穏やかに、自分自身を誇らしいと思えることなのだと思います。歴史があるだけではあたらないもの。そんな、まさしくクラシックなホテルで買える日本クラシックホテルの会「クラシックホテルパスポート」(価格1500円)は、宿泊の際に押すスタンプを集めれば宿泊券などのプレゼントが充実。持っておいたほうが絶対良いですよ。そしてスタンプと一緒にコンプリートしたいのが、オリジナルピンバッチ。〝クラシック〟になれるアクセサリーとして。価格各1080円 各ホテルで販売。

文/モノ・マガジン編集部
mono 2019年7-2号掲載

この夏氷劇の機能性インナー!!「FREEZE TECH」

3この夏氷劇の機能性インナー!!「FREEZE TECH」

写真左FREEZE TECH(フリーズテック)冷却インナーシャツ 長袖 ローネックインナー 価格6264円
ホワイト、ブラック、ライトグレーの3色。クールビス、スポーツから建築・農作業まで使えるぞ。サイズもWSから3XLまで揃っている。メイド・イン・ジャパン。
写真右FREEZE TECH(フリーズテック)「冷却フルレングスパンツ」価格5724円。
ホワイト、ブラック、ライトグレーの3色。下半身の冷却も抜かりはない。


夏日が続いておりますが、この時期気になるのがクール系の機能性インナー。各メーカーから様々な種類が発売されているが、この夏の大本命を紹介したい。

『フリーズテック』は、汗と風で驚異の冷感が持続するインナーギア。汗や水で濡れた後、風を受けることによって、火照った身体が「冷たい!」と感じるほどのヒンヤリ感があるという。

そのヒミツは〝エリスリトール&キシリトール〟を配合した特殊プリント。一般的なクール系インナーのように水分を気化させることで温度を下げるのではなく、特殊プリントで処理した繊維が、皮膚から発生する水分(汗)を吸収し、その吸熱特性によって繊維自体の温度が下がり、冷感を得られるというもの。

10秒で通常生地が3.1度下がるところ、『フリーズテック』はさらに1.4度下がり、合計でなんと4.5度も生地の温度を下げてしまうのだ!(※一定条件下による)。

もともと真夏のツーリングを楽しみたいバイクユーザーのために開発されたそうだが、デイリーユースだけでなく、熱中症対策にもぜひ!

ポイントポイント1ローネックはクルーネックよりも首元が高くなっているので、日焼け対策にバッチリ。

ポイント2シャツの脇下から背中部分はストレッチメッシュを採用。通気性もバツグン!

ポイント3バイクや自転車走行中でも背中が出ないように後ろが長くなっている。

半袖、ローネックなどバリエーションも豊富

気軽に普段使いもできる半袖(価格5616円)や首元を日焼けから守るローネックインナー(価格6264円)などデザインは豊富に揃っている。

冷却インナーキャップ

真夏にヘルメットはかなりキツいが、この「冷却インナーキャップ」があればヒンヤリ。ホワイト、ブラック、ライトグレーの3色。価格2268円。

■お問い合わせ
リベルタ
フリーダイヤル:0120-718-456
URL:https://www.freezetech.jp

文/モノ・マガジン編集部
mono 2019年6-16号掲載

このツナ缶は「高くても売れる傑作品」だ!

このツナ缶は「高くても売れる傑作品」だ!

最近はご無沙汰だが、弊誌人気企画のひとつが〝高くても売れる傑作品〟。やはり高いモノにはロマンがあり、こだわりがある。そんな天井知らずの高くても界に舞い降りたのがこちらの缶詰、マグロトロブラックレーベルだ。

驚くなかれ、1缶(90g)5400円! しかしながら、専属バイヤーが日本近海で一本釣りしたびん長まぐろを目利きし、大トロの部位だけを使用。更に扱えるのはった3人という熟練職人が手作業で血合いなどを取り除いて丁寧に解体。もちろん缶詰も1缶、1缶手作りだ。缶詰毎にシリアルナンバーと製造責任者カードが入るという念の入れようで、ここまで来ると食品というより、もはや工芸品レベル。

自分で買って食べてもよし、家族や友人とシェアしてもよし、贈答用にしてもお〝ツナ〟もの。美味しさだけでなく、話題になる事は間違いないだろう。持ってるだけでも、ツナがりを広げてくれそうな缶詰。

実は、昨年度末に限定で発売した所大人気で、リクエストに応えて今月も(予約)販売されるという。この機会におひとついかが?

仕掛け人であるモンマルシェ通販部部長の河野さん。仕掛け人であるモンマルシェ通販部部長の河野さん。「1929年に日本で初めてツナ缶を製造した清水食品を持つ企業として、食卓の主役になれるツナ缶を提案したいと想いを込めて、開発しました。これを作るには熟練の職人技術も必要であり、今作らなければ、今後作れない可能性もあるかと考え、このタイミングでの発売を決意しました」と語る。

まずはそのままで、そしてわさび醤油につけて。また、辛口のスパークリングワインとの相性も抜群ツナ缶には欠かせないオイルにもこだわりが。世界コンテストを総なめしている”スペインのエルドラード ブラックレーベル”を使用。まずはそのままで、そしてわさび醤油につけて。また、辛口のスパークリングワインとの相性も抜群だという。

オーシャンプリンセス 鮪とろ BLACK LABEL

オーシャンプリンセス 鮪とろ BLACK LABEL(ブラックレーベル)
価格5400円
日本近海で1 本釣りしたびん長まぐろを使い、オリーブ油、食塩、ローレルの葉のみで味付け。
■お問い合わせ
モンマルシェ ☎054-352-5515

文/モノ・マガジン編集部
mono 2019年6-16号掲載

一冊だけを売る本屋・森岡さんのポロシャツ

一冊だけを売る本屋・森岡さんのポロシャツ

銀座で1冊の本を売る書店で知られる森岡督行さんが、ゴルフ界の巨匠ジャック・二クラウスのライフスタイルをモチーフにしたアメリカのスポーツカジュアルブランド、ゴールデンベアとコラボしたポロシャツがついに完成した。

ゴールデンベアのポロシャツは30年以上愛され続けている同ブランドを象徴するアイテム。色の濃いポロシャツは、着続けるとどうしても色褪せが気になる。そこで、毛羽立ちと色褪せを抑えたシルケット加工を施し、着ていくうちに風合いが増し、ほどよい雰囲気になっていくという。着心地よく上品な仕事着に仕上がったこのポロシャツ、ゴールデンベアオンラインストアを中心に発売予定だ。

これは買いでしょ。

働くポロシャツ
「働くポロシャツ」
価格 8532円 サイズ:S 〜 LL
いつもは胸元に刻まれるクマのアイコンも裾に配置。ボタンは欠けにくいブラックの貝調ボタン。

 

文/モノ・マガジン編集部
mono 2019年6-2号掲載

360度カメラで、ボクらの視野は広がるばかりだ。

360度カメラで、ボクらの視野は広がるばかりだ。

VRガジェットは一般化しつつあり、それに伴い360度カメラが注目です。スマホなどの360度撮影と違って身体を動かさず、いわば定点で周囲を一発撮りできる「天球タイプ」は、単なる写真遊びから、撮影対象とそれを取り巻く現場全体が見渡せる記録用ガジェットとして価値は今後どんどん高まっていくでしょう。

世界的にシェアを伸ばしているメーカー『インスタ 360』の最新にして最高機種とも言える〈インスタ360 イヴォ〉は360度動画撮影では5.7K(5760×2880)と高画質で、タイムシフト再生もスムース。付属の折りたたみ3Dグラスをスマホに装着すればVR体験も楽しめます。

同社のカメラはセルフィースティック(自撮り棒)を自動で消してくれるほか撮影データの加工、編集もいろいろ遊べてアプリからSNSへシェア、投稿も簡単。ちょっと変わった写真が撮影できるという次元ではなくなっていると実感できるモデル、まさに死角なし。これでボクらの視野が広がらないとしたら、それは考えモノだ。

スマホで立体的な3D写真も楽しめる。
静止画は約1800万画素。スマホで立体的な3D写真も楽しめる。

 

Insta360 EVO
Insta360 EVO
価格5万6570円 ※SoftBank SELECTIONオンラインショップ価格
日本発売未定ですが、韓国MOPICと共同開発したスマホケースならば裸眼でも3D体験が可能。そんな余地も含めて伸長著しい360°カメラの中でも、コレを買う根拠は強い。写真・動画の3D撮影は180度。
https://www.softbankselection.jp/

 

文/モノ・マガジン編集部
mono 2019年6-2号掲載

鮮やかなフレンチデザインウオッチ【LIP】

鮮やかなフレンチデザインウオッチ【LIP】

フレンチウオッチを代表するブランドとして、かつてド・ゴール首相や英チャーチル首相にも愛用されたLIP。 なかでも左右非対称がユニークな「マッハ2000」は、1970年の発表以来、唯一無二のタイムレスなデザインとして現在でも高い人気のシリーズとなっている。このたびの新作では、オリジナルカラーである青、黄、赤のリュウズ&プッシュボタンを国旗のトリコロール、青、白、赤に。秒針も黄から赤に変更し、よりフランスらしさを感じるデザインになった。

 Mach2000 Chronograph Rallye Tricolor    
Mach2000 Chronograph
Rallye Tricolor

価格7万5600円(6月発売)
30分積算計付きクロノグラフ。
クオーツ。
ステンレススチール・ケース、ラバー・ストラップ。
ケース縦40×横42mm。5気圧防水。

もうひとつはドライブやモータースポーツ時に着用する時計として、1950年代に誕生した「ラリー」の復刻モデル。デザイナー、フレッド・リップの愛車フェラーリ410スーパーアメリカのダッシュボードをイメージした文字盤は、タキメーター目盛りを配した鮮やかなブルーとチェッカーフラッグをデザインしたシルバーをラインナップした。どちらもレトロチックでいい雰囲気!

 Rallye    
Rallye
価格3万4560円(7月発売)
60分・24時間積算計付きクロノグラフ。
クオーツ。
ステンレススチール・ケース、カーフ・ストラップ。
ケース径38mm。
5気圧防水。

■お問い合わせ
DKSHジャパン
☎03-5441-4515

文/モノ・マガジン編集部
mono 2019年5-16号掲載

花粉シーズンの救世主、もの凄い空間清浄器!

花粉シーズンの救世主、もの凄い空間清浄器!

なにが凄いって、コンパクトサイズながら強力なパワーを誇る点。この日本生まれの「j.air」は、フィルターを使わずイオン電極が大量のマイナスイオンと微量のオゾンを発生させるイオン式を採用。小型で静音、さらに省エネでメンテナンスも簡単。しかも半永久的に使える優れものといいこと尽くし。

それでいて、旭川のナラ材を使用した温かみあるデザインも部屋に馴染む。機能は従来の業務用と同じかそれ以上で、価格も高く感じるかもしれないが、じつはそんなことない。同タイプの業務用仕様を海上自衛隊でも導入しているというからその実力は間違いないだろう。

リビングに一台置けば、部屋の空気は一変するはずだ。買いものリストに加えてみては?

j.air 空間清浄器
j.air 空間清浄器
サイズ:12.5×12.5×12.5mm 製造:フォレストウェル 価格15万1200円

 
■お問い合わせ
ワンド
TEL 03-6272-4870
URL https://jair.jp/

文/モノ・マガジン編集部
mono 2019年5-2号掲載

DEWALTの【ラッキングシステム】は、「収納バカ」の壁だ!

DEWALTの【ラッキングシステム】は、「収納バカ」の壁だ!
DEWALT TOUGHSYSTEM( デウォルト タフシステム)
価格7560円~(※ボックス単品価格)

プロの腕前は持ちモノを見ればわかると言いますが、それ以上に仕事っぷりを表わすのが収納。良い職人さんはいい道具だけでなく、仕事場の環境を揃えるセンスも抜群。

アメリカのプロフェッショナル向け工具ブランド「DEWALT(デウォルト)」の「タフシステム」シリーズは、その名の通りタフな現場で働く人たちのためにデザインされた収納ギア。防塵、防水性を備えた大小のボックスを自分好みにセレクトし、組み合わせる新スタイルは職種を越えて一躍話題に。

そんなシリーズにさらなる新アイテムが登場。目玉となるのは、ガレージや作業場に設置することで壁そのものを収納スペースに変える「ラッキングシステム」。柱部分にスライド式のレールが設けてあり、壁に固定することでレイアウトフリーな収納スペースが完成する優れモノ。

真ん中のボックスを、ひょいと引き抜いて持ち出すなんて使い方も可能。アメリカでは建設現場や整備工場など、タフな現場で活躍しているワケだけど、このワーク感、ゴリっとした質実剛健デザインはアウトドアギアや今どきの部屋づくりとも好相性。オーバースペックは承知のうえ。あえてこのテイストを生活スタイルに取り込みたくなるのが収納マニアってもんです。

折り畳み式のハンドルを備えた「トート(価格8640円)」折り畳み式のハンドルを備えた「トート(価格8640円)」。フタがないのでラッキングシステムに組み込めば、中身にそのままエントリーできるオープンボックスとしても利用可能なトレータイプ。
サイズ:幅560mm×全長330mm×全高275mm。最大耐荷重は20kg!
  「ラッキング システム(価格2万1600円)」タフシステムのツールボックス最大5 個をそのまま壁面収納できる「ラッキング システム」(価格2万1600円)
サイズ:幅650mm×全長330mm×全高1800mm。最大耐荷重は200kg(ブラケット1対あたり約30kg)。

 

ツールキャリア(価格1万7280円)
「ツールキャリア(価格1万7280円)」は小回りの利くキャリーと一体化したシステム。この上に同シリーズのボックスを連結して使用することも可能。防塵・防水機能を備えたツールボックスは最大耐荷重50㎏というタフぶり。

 
■お問い合わせ
デウォルト事業部
TEL 03-5979-5777
URL http://dewalt-jp.com/

文/モノ・マガジン編集部
mono 2019年5-2号掲載

鞄の中身は「アナログレコードプレーヤー」?!

鞄の中身は「アナログレコードプレーヤー」?!

アナログレコード=クラシックというイメージは、もう昔のもの。原音に忠実な音色、アーティスティックなジャケットの魅力など、いまやアナログレコードは若い世代からも注目を集めている。そんな中、登場したのが英グッドマン製の「ブリーフケース型アナログレコードプレーヤー」。

プレーヤー本体が高級感のあるブリーフケースと一体化しているため、閉じれば鞄のごとく持ち運べるという嬉しい仕様。しかも、リチャージブルバッテリーの内蔵によって、フル充電なら3時間の連続使用ができるから、アウトドアにも持ち出せるし、USB端子を備えているから、アナログレコードの楽音をデジタルで保存することも可能。見た目はコンサバでも中味は意外と革新的!?

ブリーフケース型アナログレコードプレーヤー
ブリーフケースのハンドル左右にはステレオスピーカーを装備。ターンテーブルは33、45、78回転のレコードに対応する。フル充電で3時間連続再生。

 

ブリーフケース型アナログレコードプレーヤー ゴールド×ブラックゴールド×ブラック   ブリーフケース型アナログレコードプレーヤー ローズゴールド×ホワイトローズゴールド×ホワイト

Goodmans ブリーフケース型アナログレコードプレーヤー
価格2万1535円
カラーはゴールド×ブラック、ローズゴールド×ホワイトの2色。3時間でフル充電(1100mAhのリチウムイオン内蔵バッテリー搭載)。幅350×奥行き255×高さ110mm。重量2.6kg。

■お問い合わせ
ユニーク  TEL:04-7166-5778

文/モノ・マガジン編集部
mono 2019年4-16号掲載