シャワーを変えたら、来年はアレが買える。

シャワーを変えたら、来年はアレが買える。
SANEI
節水シャワーヘッド 「RAINY」シリーズ

オープン価格(実勢3200円※「BASIC(ベーシック)」~)
◎節水効果:約50% ◎年間節約金額:約2万1700円 ◎浴び心地:プライスレス

手の平におさまるサイズながら、きっちり仕事をこなす頼れる相棒としておなじみボッシュのコードレス電動工具シリーズ「IXO」に新作が登場。「IXO 6」はシンプルさを極めた操作系と丸みを帯びたデザインが目をひく、デザイン家電ならぬデザイン工具。このコンセプトは、工業製品を対象に行なわれる世界的な賞「iFデザインアワード2019」を受賞するほど。

たとえばキッチンやリビングに出しっぱなしにしておいてもサマになるし、実際にキッチンやリビングで使うためのアタッチメント(別売)が数多く用意され、汎用性の高さもこのシリーズのウリ。

つまり、見た目以上にヤル気のある実力派アイドル、というわけ。さて、とどめは限定モデルとして登場したビビッとな色合いのピンクモデル。工具に興味がない、電動工具なんて必要ない、なんて言っている奥様でもこれなら手に取って色良いお返事をもらえること請け合いだ。

選べる機能

機能で選べるのもイイね
A.「BASIC(オープン価格※実勢約3200円)」は、散水範囲が広く、バランス釜でも唯一使用可能なモデル。節水率はBASICのみ40%。
B「. STOP(オープン価格※実勢約4200円)」は、手元でのON&OFF操作可能。
C.「MOVE(オープン価格※実勢約6400円)」は手元ストップ機能とシャワーフックに固定したままで上下・左右の角度調整が可能。今回のリニューアルで「モダングレー」、「ウォームホワイト」、「グレイッシュミント」といったインテリア性の高いカラー展開となったこともポイント。

ガス・水道代の節約にもなる

メーカーの比較データによると自社製品の非節水モデルと比べてガス代:約1万3900円、水道代:約7800円。年間でトータル2万1700円もの節約金額になるとのこと。つまり、一番お高いモデルを選んでも約4ヶ月でモトが取れるということ。

■お問い合わせ
SANEIカスタマーセンター
フリーダイヤル:0120-06-9721
URL:http://shower.san-ei-web.co.jp/products/rainy/

文/モノ・マガジン編集部
mono 2020年3-16号掲載