着替える時計

着替える時計

時間はスマホで確認できるからと、時計をつけない人が増えているという。でも腕時計を見る所作の方が断然良い印象を受ける。ではどんな時計にする? ブランドで選ぶ人が大半だろうがデザイン重視のセレクトも面白い。

chiandchi 「ESU」

そこでこの2013年設立の台湾に拠点を置くデザインスタジオ、chiandchi(チーアンドチー)を紹介したい。必要不可欠な形状とシンプルな性能はもちろん、本来配置される場所に優しく収まるモノを製作しており、この「ESU」はベゼルとベルトの部分が差し替え可能なコレクションだ。

chiandchi 「ESU」

もっと自由に楽しく時計を楽しみたい人にぜひつけて欲しい。現在ファッション感度の高いヨーロッパを中心にヒット中。ギフトにもいいぞ。

chiandchi 「ESU」
chiandchi 「ESU」
価格2万7500円
ケース素材はステンレススチール。直径40㎜、厚み8.2㎜。レンズはサフ ァイアガラス。ストラップはベジタブルタンニンレザー、メッシュ、ナイロンの3種。ベゼル付き。

■お問い合わせ
D.I.G inc.
http://chiandchi.jp

文/モノ・マガジン編集部
mono 2020年2-16号掲載