愛車の屋根(ルーフ)で、マオリの夢を見る。

愛車の屋根で、マオリの夢を見る。

自宅のガレージにクルマがあるアウトドアズマンなら、いま買っておいて間違いナシ! なのが「ルーフトップテント」。設置がラクとか、居心地が良いのはもちろんだけど、お気に入りのクルマ(特にSUV、バン系がお似合い!)が、このテントを背負うだけでたちまちワイルドな一台に変身。フィールドでテントを広げなくとも、常に野外活動の冒険者気分でいられるのも人気の理由。なかでもニュージーランド発のブランド「FELDON(フェルドン)」のモデルは、デザインも作りも別格。たとえばその素材。耐久性が高く、紫外線にも強いリップストップ加工されたポリコットンキャンバスをテント部分に採用。YKKのヘビーデューティー仕様のジッパーを、フレーム部分の一番力の掛かるヒンジにはタフなステンレス素材をチョイスし、プラスチック素材は一切使わない、といったこだわりよう。また屋根部分をラウンド形状とすることで風対策も万全だ。南半球の太陽の下で大いに遊んできた、まさにアウトドア王国ならではのデザイン。ヴィンテージなステーションワゴンはもちろん、最近のSUVモデルとも好相性のルーフトップテント。愛車の上から見える景色は、また格別!

ルーフトップテントテントは2名就寝サイズ。オープン時:141×240×125cm(クローズ時:141×120×30cm)。テントの耐荷重は300kgをクリア。240cmの奥行きと相まって、大柄のヒトでものびのびすごせる。テント本体の重量は約65kg。諸条件を満たすベースのキャリア(別売)が設置可能なクルマならばコンパクトから大型トラックまで対応。
ルーフトップテント
ルーフトップテントフィールドに到着したらカバーを外し、本体に付属するハシゴを引っ張り出すことで2分割されているテントが展開する仕組み。中にはすでに寝袋や枕を収納したマットレスが敷かれているのでまさにワンアクションでリビングスペースが完成。360度、どの方向からも景色が楽しめる窓と蚊よけのメッシュも標準装備。色は「コールブラック」、「グリーン」、「オレンジ」の3色展開。シックな色合いはビンテージアウトドアスタイルとの相性バツグンだ。

・お問い合わせ
FELDON SHELTER
フェルドンシェルター
価格29万8000円~
https://regressiveevolution.com
インスタグラム @regressive_evolution

文/モノ・マガジン編集部
mono 2019年11-2号掲載