360度カメラで、ボクらの視野は広がるばかりだ。

360度カメラで、ボクらの視野は広がるばかりだ。

VRガジェットは一般化しつつあり、それに伴い360度カメラが注目です。スマホなどの360度撮影と違って身体を動かさず、いわば定点で周囲を一発撮りできる「天球タイプ」は、単なる写真遊びから、撮影対象とそれを取り巻く現場全体が見渡せる記録用ガジェットとして価値は今後どんどん高まっていくでしょう。

世界的にシェアを伸ばしているメーカー『インスタ 360』の最新にして最高機種とも言える〈インスタ360 イヴォ〉は360度動画撮影では5.7K(5760×2880)と高画質で、タイムシフト再生もスムース。付属の折りたたみ3Dグラスをスマホに装着すればVR体験も楽しめます。

同社のカメラはセルフィースティック(自撮り棒)を自動で消してくれるほか撮影データの加工、編集もいろいろ遊べてアプリからSNSへシェア、投稿も簡単。ちょっと変わった写真が撮影できるという次元ではなくなっていると実感できるモデル、まさに死角なし。これでボクらの視野が広がらないとしたら、それは考えモノだ。

スマホで立体的な3D写真も楽しめる。
静止画は約1800万画素。スマホで立体的な3D写真も楽しめる。

 

Insta360 EVO
Insta360 EVO
価格5万6570円 ※SoftBank SELECTIONオンラインショップ価格
日本発売未定ですが、韓国MOPICと共同開発したスマホケースならば裸眼でも3D体験が可能。そんな余地も含めて伸長著しい360°カメラの中でも、コレを買う根拠は強い。写真・動画の3D撮影は180度。
https://www.softbankselection.jp/

 

文/モノ・マガジン編集部
mono 2019年6-2号掲載